フリーランスの独立マニュアル
【 開業準備1:営業ツールを作る 】

▼連載のバックナンバー:
【連載】フリーランスの独立マニュアル 目次へ

【 開業準備1:営業ツールを作る 】
【1】自分を売り込む、営業ツールを作ろう!
【2】ソリューション営業にチャレンジ


【3】営業活動のベースは、人脈!

人脈づくり
人脈は、大きな財産です。仕事も情報も全て、人を介してやってきます。
独立の条件に、年賀状が100枚届いているか。そして、年賀状を出す人が500人を超えると、人脈だけで食べていける、という話があります。プロの営業マンは、「ノウハウ」より「人脈」を重視、人脈力あってこその営業です。

開業する前に、是非、次のことをやっておきましょう。


自分が持っている人脈を整理してみる

営業活動の第一歩は、知人・友人へのご挨拶です。独立したことをお知らせして、応援してもらえるようお願いします。その前に、人脈リストを作っておきましょう。作り方は、以下の記事を参照してください。

人脈
 
自分の人脈を生かす“整理術”
独立して仕事をやっていけるかどうかの要素として、人脈が挙げられます。独立準備の一環として、自分の人脈を一度整理して、“頼りになるひと・リスト”を作ってみましょう。


実際に、仕事を発注したり、取引先を紹介してくれる確率が高いのは、これまで仕事上のお付合いがあり、貴方の仕事への取組みや実績を評価している人です。すると、一番は、独立前に務めていた会社ということになります。リクルートワークス研究所の「個人事業主の独立開業に関する実態調査」に、約4割の人が、独立前の勤務先、取引先、又は、独立前の勤務先で知り合った企業が、最初のクライアントとなり、しかも売上の50%を占めている、というデータがあります。

また、独立後頼りになるのは、取引先を紹介してくれる人脈ばかりではありません。助言をしてくれる先輩や相談に乗ってくれる友人・家族、仕事仲間など。大きな支えとなってくれます。

開業の挨拶状を作る

人脈リストが出来上がったら、次に、ハガキを使って、「開業のご挨拶状」を作りましょう。挨拶は、直接会ってするのがベストです。これまでお世話になった方、独立後お世話になる方へは、なるべくご挨拶に伺いましょう。

開業の挨拶状
 
直接お目にかかれない方に、連絡先を届けて、手元に置いてもらう方法があります。ご挨拶状に「名刺」をプリントしておくという“技”です。職名、名前、住所、連絡先、ホームページのURLなどを名刺サイズに収めて、切り取って保管してもらうよう書き添えておきます。

独立前の取引先や仕事関係者には、会社を辞める前までに、「退職のご挨拶」をしておきましょう。在職中にお世話になったことへ、感謝の気持ちを伝えます。この時点では、(まだ会社に所属しているので)独立後の連絡先や情報を(メールなどに)書き込まず、退職後に、あらためてご挨拶状を送るのがマナーです。

独立時にどれだけ回りから応援してもらえるかは、それまでに、どれだけ人間関係を大事にしてきたかによります。そして、(応援の気持ちから)いくら仕事を発注、紹介されても、成果を出してその期待に応えられなければ、人脈はそれ以上に拡がっていきません。しっかり仕事を行って、信頼され、ファンが増えていけば、彼らは貴方の営業マンとして、喜んで営業活動(推薦・宣伝)をしてくれるようになります。それは、本人が“~が出来ます!”と言うより、数倍の効果があります。

ガイドおすすめ書籍

 
独立成功完全マニュアル 一歩踏み出す前に9割が決まる!フリーランスの独立マニュアル」の内容を収蔵。会社を辞める前に、独立する前にぜひ読んでいただきたい「独立成功への教本」です。独立準備から独立1年目をどうクリアしていくかへ絞り込んで、細かく解説しています。
⇒詳しくはコチラから


>> 次章 【開業準備2:業務体制と業務ツール】

>> 【連載】フリーランスの独立マニュアルの目次へ

■関連記事・リンク集
人脈作りのコツと基本
起業に効く人脈の作り方
実績、人脈ナシなら裏ワザを!
フリーランス・個人事業の始め方マニュアル
独立開業へステップ by ステップ
フリーランスの独立・開業手続
初めての青色申告ガイド
クリエイターのための自営学

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。