夏バテ
夏の疲れは、秋口に出てきます。
今年の夏は、例年より熱帯夜が少ないようですが、まだまだ日中は厳しい残暑が続いています。8月も半ばを過ぎ、そろそろ夏バテがおこる時期です。食欲が無くなったり、夜眠れなかったり、体がだるくてやる気がいまいち出ない、というような症状は出ていませんか?

そのままにしておくと、体調を崩してしまうことがあります。そこで、夏バテには早目の対策を! チョットした生活習慣で、暑~い季節を元気に乗り切ることができます。


夏バテの原因は、暑さだけ?

夏バテ
冷房のある生活で、汗をかいて体温調整する機能自体が低下してきているそうです。これは大変!
日本の夏は、高温多湿でジメジメ、不快指数が一気に上がります。暑さとこの不快感によって、食欲は低下。目が欲するのは、冷たくてさっぱりした物。そんな食事では、汗をかいて体力を消耗している体に、十分な栄養を補給できません。加えて、熱帯夜で睡眠不足の日が続いたら、当然、体調は悪くなります。

では、夏バテの原因は、“暑さ”だけなのでしょうか。

最近は、“冷房”がその大きな原因となっています。「冷房病」と呼ばれて、現代病の1つにまで。症状としては、頭痛や腹痛、神経痛、免疫力の低下、慢性的な疲労感やストレス感などです。

エアコンがきいた部屋から、うだるような暑さの中へ出ると、その“温度差”に体がついていけません。人の体には、体温調節機能があって、自律神経がコントロールしています。しかし、外気の暑さとエアコンによる冷えの繰り返しで、自律神経失調症になってしまうわけです。

怖いことに、小さい頃から、冷房の効いた部屋で生活してきている現代人は、汗をかく汗腺の数そのものが減少(「能動汗腺衰退症」)してきているというのです。冷房に頼りすぎたため、体に備わっている機能そのものを退化させてしまって、さらに暑さに弱くなり、自律神経失調を助長するという悪循環に陥っています。

“ワタシは、汗をかかないタイプ!”と喜んではいませんか?
それは、体が“退化”してきているのかも知れません。

夏バテ対策を、生活習慣に取り入れよう! 次ページへ続きます>>