人脈を拡げよう!
名刺は、普段から整理してキチンとデータ管理しておきましょう。
年賀状の季節がやって来ました! そろそろ、今年出会った方の名刺を整理したり、住所録のメンテナンスをしたり、宛名書きの準備をしておかなければなりませんね。

12月は、そんな作業に役立つ情報から、名刺交換で人脈を広げるコツに関する記事まで、特集してお届けします。



【月間特集】人脈を広げる名刺活用術

初対面で自己紹介。その時、必ず名刺交換をします。その「名刺」をどう整理して、どう活用していくか、ちょっとの心遣いや工夫をすることで“大きな差”が出てきます。

自分の人脈を生かす“整理術”

人脈・名刺の整理名刺や年賀状、名簿をリスト化して、現在の自分の「人脈」を、一度整理してみることをオススメします。その整理法や、人脈を広げていく方法に関するアドバイスです。独立準備中の方は、是非、独立後の協力者、支援者といった視点で見直し、“頼りになるひと・リスト”を作ってみましょう。


名刺交換は自己PRのチャンス!

名刺交換名刺の重要な機能は、ビジネスチャンスをつくり出す「営業ツール」としての役割です。どんな仕事も初対面で交わす、一枚の名刺交換からスタート。その瞬間の「チャンス」を活かしていますか?


名刺は、どのように整理・保管していますか? 数が少ない時は、名刺ファイルやフォルダーで管理できますが、数が増えてきたら、パソコンでデータベース化して管理する方法もあります。

名刺はパソコンで管理・活用!

名刺管理ソフト「名刺」の整理・管理は、なかなか大変です。そこで、パソコン活用。『名刺管理ソフト』を使って、データベース化すると、名刺データを色々と活用できるようにもなります。人気ソフトの特徴や機能をご紹介します。


「名刺」をキチンと整理・管理したら、次は、そのデータをどう活用するかです。お付合いは、コミュニケーションによって深まります。名刺交換した翌日にお礼メールを送ったり、季節のご挨拶や年賀状をお届けしていきましょう。

年賀状を営業ツールにするテク!

年賀状取引先の担当者や今年お世話になった方へ、旧年中のお礼や年始のご挨拶、新年の抱負を「年賀状・年賀メール」で伝えましょう。ちょっとの工夫で、フリーにとって効果的な営業ツールにもなります。


e年賀状に便利!同報送信ソフト

同報送信ソフト複数の宛先へ年賀メールを送る場合に、“BCC”では何かと不便を感じている方に「同報送信ソフト」がオススメです。本文の最初に宛名を書込んだり、個別にコメントを付加えたりして、一括送信ができます。


・ネット友達には自作Web年賀状を! (※[ホームページ作成]西村文宏さんの記事コラムです。)

自分のホームページを持っているなら、自作の「Web年賀状」を贈ってみてはいかがでしょうか。用意するのは1ページだけ。でも、1人1人個別にメッセージが表示できます。そのテクニックをご紹介!


フリーランスの「財産」は、「自分の能力」と「人間関係」と言い切っても過言ではありません。人との出合いを大事にして、仕事も人生も豊かにしていきたいものですね。


関連記事&リンク集
各ガイドがおくる、年賀状特集
年賀状ポータルサイト「おめでた満タン 2005」
SOHOワーカーの名刺
信用づくりには、ビジネスマナー

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。