フリーランスの独立マニュアル
【序章2:フリーに必須のビジネススキルとは?】

▼連載のバックナンバー:
【連載】フリーランスの独立マニュアル 目次へ

【序章2:フリーに必須のビジネススキルとは?】
【1】「自己管理能力」を身につける
【2】「コスト意識」を持とう!
【3】トラブルを防ぐ「リスク管理」


【4】コミュニケーション力をUPさせる

IT業界の人材育成を専門とするデジタルハリウッドが実施した「第2回産業界動向調査」の結果報告の中に、次のようなデータがあります。

Q:制作に携わる人材を採用する際の採用基準、着目点は?


※産業動向調査:東京都内の中小規模(500人未満)のWeb関連企業を調査対象として、今、制作現場でどのようなスキルを持った人材、職種が求められているかを動向調査したものです。

注目は、スタッフ採用時の基準となるスキルのトップがコミュニケーション力であることです。「実務経験」「専門技術・専門知識」よりも重要視するという結果となっています。これは、制作業務が複数のスタッフの協働作業によるため、プロジェクトの成果が、メンバー相互のコミュニケーションによって大きく左右される、ということに起因しているように思います。また、最近、コミュニケーションべたの人が増えている、ということも背景にあるようです。

求められるはコミュニケーション力

コミュニケーション力
仕事は常に、人との関わりで成り立っています。
コミュニケーション力がビジネススキルとして不可欠であることは、制作業務に限らず、フリーランスのどんな職種においてもいえます。しかも、フリーランスの場合は1人4役を兼ねますから、さらに、高度なコミュニケーション力が求められます。

■コミュニケーション能力

・正確な情報の伝達(伝達媒体:口頭、文章、メール、電話等)
・意思疎通を図り良好な関係づくり

 ↓ 高度化 ↓

営業交渉力
プレゼン能力

独立すると、クライアント企業の担当者や仕事関係者と、協調しながら業務を進められるコミュニケーション能力に加えて、取引に関わる交渉力や、自分の考えや意図を、相手に正しく論理的に説明できるプレゼン能力が要求されてきます。

プレゼン力アップは自己紹介から? 次ページへ続きます>>