■【売れる本の書き方講座】バックナンバー:
【第1回】出版企画は、誰がどのように立てているのか?
【第2回】売れる本の3要素とは
【第3回】何をテーマに書いたら売れる?



【第4回】出版社は、どうやって書き手を見つけているのか?

「売れる本の書き方講座」第4回目です。今回は、出版社は、どうやって新人を発掘しているのか? さらに、新人の出版企画が採用されるためには、何がポイントになるのか?、そこをお伺いしていきます。

売れる本の書き方


<INDEX>
編集者は、どうやって書き手を見つけているのか
“人気メルマガ”は、新人発掘の宝の山!
出版社の企画会議をのぞいてみると…

<大森千明氏プロフィール>
1971年朝日新聞入社。経済記者としてスタート。95年にアエラ編集長。その後出版部門に移り、週刊朝日編集長を務める。2001年1月朝日新聞の出版部門を統括する出版本部長に就任。03年2月から出版担当付。03年4月から、帝京平成大学非常勤講師。著書に『不自由経済』『嵐の中のサラリーマン』(いずれも共著、朝日新聞社刊)等がある。

編集者は、どうやって書き手を見つけているのか

書き手の見つけ方はいろいろです。知り合いやプロダクションからの持ち込みを除くと、編集者はどのようにして書き手を見つけているのでしょう。実例から紹介します。

小生の知り合いで、1年ほど前に老舗出版社から新書を出した若い女性のケースはこうでした。

すったもんだの末、勤務先を退職。その話が友達経由でネットに流され、たまたま「ネットサーフィン」していた評論家が興味を持ったのがきっかけでした。その後、評論家は彼女の文章を読んで感動、自分のサイトで連載するよう依頼しました。一日数十万ヒットがある、日刊で非常に有名なサイトです。

そのサイトをいつもチェックしていた編集者が声をかけ、出版にこぎつけたそうです。彼女は「有名でもない私がデビューできたのは、本当に幸運そのもの」と謙遜していますが、連載の内容も優れていたのは間違いありません。この本はすぐ重版され、最近彼女は2冊目の本を上梓しました。これも売れ行き好調だとか。

“人気メルマガ”は、編集者にとって新人発掘の宝の山!

編集者はいろいろのメディアをチェックしています。年代によって種類は違います。比較的若い、パソコンに抵抗感がない世代だと、メールマガジンをよく見ているようです。

まぐまぐ」で、創刊間もないメルマガのランキングは必ず見る、という人を知っています。メルマガの筆者が本を出すケースは確かに増えています。編集者にとって手間がかからず、確実だからです。
(※参考:まぐまぐから本になった数:約300册/'04.04現在)

まず、コンテンツがすでに存在していることです。おもしろそうかどうか、原稿の中身が確認できます。新人の場合、これは大きい。これから原稿を書くのでは、海のものとも山のものとも分かりません。不安です。原稿の書き方も指導しなくなくてはいけない。とにかく手間がかかります。

もう一つは、売れる可能性が高い点です。メルマガで2、3万の読者を抱えていれば、これだけで最低2、3千部は売れるという計算が成り立ちます。

その上、メルマガで筆者が宣伝してくれれば、さらに上積みも期待できます。出版不況が続くなかで、新しい才能を発掘したいのはやまやま。でも、リスクは最小にしたい。というわけで、出版社にとって人気メルマガやサイトの連載は「宝の山」といえそうです。

このほか新聞、各種の雑誌もチェックします。新聞だと、地方版、各地のミニコミ誌や企業の広報誌まで目を通す編集者もいます。どの媒体に隠れた人材がいる可能性が高いか。それを知っているかどうかも、優れた編集者の条件だといってもおかしくありません。

以上は、これから本を出版する新人予備軍の皆さんを想定して、出版社サイドから、どうやって新人の書き手を探しているか、その実際を参考までにお話しました。

それでは、仮に、皆さんがサイト上で公開しているコンテンツにある編集者が興味を持ち、“出版してみませんか?”と言ってきたとします。その企画は、出版社の社内会議にかけられることになります。そこで、どのように検討されることになるのか。次ページへ続きます>>