フリーランスの独立マニュアル
【序章2:フリーに必須のビジネススキルとは?】

▼連載のバックナンバー:
【連載】フリーランスの独立マニュアル 目次へ

【序章2:フリーに必須のビジネススキルとは?】
【1】「自己管理能力」を身につける
【2】「コスト意識」を持とう!
【3】トラブルを防ぐ「リスク管理」
【4】コミュニケーション力をUPさせる
【5】仕事を創り出す、営業企画力!


【6】マーケティング発想で考えよう!

マーケティング
自分を「商品」と考え、マーケティング戦略を考えてみましょう!
企業は、お客様が何を求めているかを探り、それに応えるべく商品開発をし、より品質の良いものを提供し続ける。その努力を日々行っています。さらに、競争環境の中で、いかに自社の商品価値を上げ、それを伝えて購入してもらうか。そのために、様々なマーケティング戦略を駆使して、企業活動を展開しています。

独立すると、個人であっても1企業、1事業体です。そして、個人企業となるフリーランスの場合は、自分自身がイコール「商品」となります。そこで、マーケティング理論を“自分を売る”ことに応用すると、とても効果的です。

マーケティング発想で考える思考は、どんな業種の仕事をする上においても不可欠であり、企業活動の本質を理解するためにも、その基礎を勉強しておくと非常に役立ちます。


自分を「商品化」して考えてみる

企業が行うマーケティング戦略(売れる仕組みづくり)の構成要素には、次のようなものがあります。
【リサーチ】:お客様は何を求めているか。
【商品戦略】:どんな商品を作ったら売れるか。
【価格戦略】:いくらで売ったらよいか。
【流通戦略】:どこで売ったらよいか。
【広告・販促戦略】:どうやって売ったらよいか。

市場において優位なポジションを獲得するためには、これらの戦略を綿密に組立てていきます。独立前に、是非、自分はどんな商品・サービスが提供できるのか、どんな商品価値を生み出せるのかを、じっくりと考えておきたいものです。

■自分が提供できる商品を具体化してみよう!

・自分が提供できる「商品・サービス」は何か?
・それにいくらの「値段」をつけたらよいか? 利益は?
・競合他者との「差別化」をどう図るか、自分のセールスポイントは何か?
・仕事を発注してくれる「お客様」は誰か?
・どうやって「お客様」へ、自分の「商品価値」を伝えていくか?
・自分はお客様のニーズに常に応えられるか?

といった具合に自問自答してみましょう。

マーケティング発想


そして、自分を商品化するために、必要となる作業がキャリアの棚卸です。これまでの自分の職歴や習得した技能、知識、得意な事を総点検して、自分の強みを明らかにします。次に、その強みをどう表現するか“自分の売り”を文章化してみましょう。

それができたら、今後は、発注側の立場から、自分をできるだけ客観的に評価して見てみます。第三者に意見を求めることも、非常に有効です。(これは、マーケティング・リサーチです。)

・クライアントにとって、自分は魅力的な商品(人材)として映るでしょうか?
・自分の商品価値を、的確にアピールして伝えることはできるでしょうか?

マーケティング戦略のポイントは、自分の持っているモノ(能力、技術、ノウハウなどの知的資産や時間を含めて)を、いかに効果的・効率的に活用して付加価値を生み出せるか、というところにあります。

考える起点はここにありますから、独立準備期間中に、是非、自分をしっかりと見つめ直して、自分のセールスポイントを明確にしておきましょう。

ガイドおすすめ書籍

独立成功完全マニュアル 一歩踏み出す前に9割が決まる!フリーランスの独立マニュアル」の内容を収蔵。会社を辞める前に、独立する前にぜひ読んでいただきたい「独立成功への教本」です。独立準備から独立1年目をどうクリアしていくかへ絞り込んで、細かく解説しています。
⇒詳しくはコチラから

>> 次号 「信用づくりには、ビジネスマナー」

>> 【連載】フリーランスの独立マニュアルの目次へ

■関連記事・リンク集
よくわかるマーケティング
マーケティングの基礎知識 
マーケティング戦略・応用編
起業・独立開業の準備
独立開業へステップ by ステップ
フリーランスの独立・開業手続
初めての青色申告ガイド
クリエイターのための自営学

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。