フリーランスの独立マニュアル
【序章1:フリーランスとは?】

【1】“好き!”が仕事のスタート地点

“好き・得意”が原点です

天職
独立して「これは私の天職だ!」と言える人は、幸せ者です。
「好きこそものの上手なれ」という言葉があります。好きなことは、人に言われなくても自発的にやるし、どんなに大変なことも、ストレスを感じないでやれるから、いつしか腕を上げて、人より評価されるようになります。この“好きのパワー”が、フリーランスには、不可欠です。

というのは、フリーになると、週40時間以上は仕事したくない、なんて言っていられなくなるからです。独立後は、実質的にフルタイムで働かなくてはならなくなります。これは、休暇もとらずにという意味ではなく、プライベートな時間と仕事の時間を区別するのが、難しくなるという意味です。

だから、仕事か・趣味か・遊びか、よく分からないような状態(仕事が面白くなるとこういう心境になる)が理想的といえます。という訳で、独立するには、本当に好きなことを仕事に選ぶことだと思います。

「天職」探しへの4つの要素!

独立するには本当に好きなことを仕事に選ぶこと、と言い切った後で申し訳ないのですが、好きな事を仕事に選んだからといって、それで全てクリアできる程、世の中は甘くないのが現実です。そこで、好きなことから出発して、「天職」に至るまでのプロセスをロジカルにレクチャーしてくれる方がいるので、ご紹介したいと思います。

「はじめての独立開業」の著者小久保達氏は、著書の中で、自分にとっての「天職」を見つける方法を、非常に明確なロジックで解説しています。

■「天職」探しへの4つの要素!
・好きなこと
・得意なこと
・世の中から、求められていること
・やっていて、喜びを感じられること

次ページで、「天職」探しのプロセスをご紹介!>>