コストセーブって惨め?

スーツ
毎日面倒なスーツとおさらば?
起業するって、本当にお金がかかること。特に事業立ち上げ時のインカムが少ない時期にはいろいろなコストを抑えてケチケチモードでいくべきです。「ケチ」って言うと惨めになることも、「エコ」って思えば楽しく乗り切れるかもしれません。気分転換もかねて、エコっぽくコストセーブを考えて見ましょう。

1.ノーネクタイよりノービジネススタイル
一般の企業ではスーツにネクタイが当たり前でも、ベンチャー企業のイメージを活かして可能な限りどこでもノーネクタイで出て行ってみましょう。
私も今までコンサルティングビジネスをしていたときは、クライアントに合わせてスーツを着ていましたが、今はほとんど普段着またはカジュアルシャツにジャケット。これにより、セーブできるのが「オフィスのエアコン代」と「シャツのクリーニング代」です。

起業当時のオフィスは皆さんあまり新しいオフィスではない場合が多いのではないでしょうか?エアコンも効きが悪く、冬場はいくら温度を上げても足元が寒かったり、夏はいくら温度を下げても聞かなかったりするような場合が多いのではないでしょうか?こんなときには最初から暖かい、または涼しい格好で出社する。そして、エアコンの補助にエアサーキュレーターを使ってみるのはいかがでしょう。風が循環し、古くて効きの悪いエアコンの補助をしてくれますよ。

シャツのクリーニング代も結構馬鹿になりません。東京では1枚180円から400円くらいが相場ではないでしょうか?値段の高さだけではく、無駄なポリプロピレンのハンガーや、ビニールのカバーもセーブすることができます。毎日出るこれらのごみを捨てる手間も省けて一石二鳥です。

次のページでは、他にもコストセーブの方法も考えてみましょう。