何で1日の売上が1億もあるの 4月から消費税が総額表示へと変更になりました。3月31日を臨時休業にして従業員総出で値札の変更を行ったり、小売店では対応に「てんてこまい」でした。

今回ご紹介するのは、家族経営の小売店です。15年前にオフコンシステムを導入し、POSレジを活用しておりました。

このオフコンシステムをリプレースし、総額表示対応のPCシステムへ変更したところ、とんでもないトラブルに遭遇してしまいました。

「日計表の売上が1億円を超えているわ!」

「配達同時入金の処理をしたらマイナス表示になってしまった。これってただ働き?それとも、配達時にお客さんにお金を渡したということ?」

●PCシステムとソフトの導入

2004年になり、この小売店でも消費税総額表示への対応を考えはじめました。

15年前に導入したオフコンメーカーは倒産してしまい今はありません。どうしようかと思っていた時にA社からPOSレジと連動するPCシステムのDMが届きました。

このA社から以前に別の機種を導入したところ、トラブルがあった時にすぐに飛んできて修理してもらいサポートには信頼を寄せていました。そこで、さっそく連絡しました。
何で1日の売上が1億もあるの
A社から担当セールスが来店しました。

担当セールスからはDMにあった機種ではなく新製品が出ており、「今ならこちらが最新です。」と売り込みがありました。

そこで小売店では4月の消費税総額表示に間に合うように発注を行います。

PCシステムの搬入があり、A社の技術者が来店しPCの設定をしていきましたが、POSレジの設定はせず、この時帰ってしまいます。これが最初のトラブルになります。

●1日の売上が1億円!?

小売店ではPOSレジの設定しようと色々と疑問点をA社にぶつけますが、「古い機種なら分かりますが新しい機種は」ということで「たらい回し」にあいます。また質問への回答にすごく時間がかかりました。何回もクレームを言ったところ、ようやくA社から技術者が来て半日がかりでPOSレジの設定をしていきました。

ここからが本当のトラブルでした。
何で1日の売上が1億もあるの
4月になり、PCシステムが本格稼動を始めると集金リストに反映されない顧客が数件出てきたり、日計表がめちゃくちゃな数字をはじき出したりととんでもない状態になります。

「日計表の売上が1億円を超えているわ!」と家族経営の小売店でありえないような売上が発生する事態になります。

あわててA社に連絡を取ると、最初は使い方が悪いという返事で取り合ってもらえず、色々とクレームを言っている間にA社の内情が分かってきました。

実は...