Saasならではのネットde会計

多くの中小企業では仕訳や決算が分からない
多くの中小企業では仕訳や決算が分からない
中小企業の多くでは会計ソフトのインストールやバージョンアップができるパソコンに詳しい人材がまずいません。また勘定科目や最初の残高登録などの初期設定ができないところがたくさんあります。また仕訳や決算・申告の仕方が分かりません。

そこで「ネットde会計」は企業用に2つのIDを発行するのとは別に商工会議所や税理士用に無償で別IDを発行し、記帳指導や申告を手伝ってもらえます。また付箋機能があり、仕訳で分からないところがあれば、付箋に「どう仕訳したらいいですか」と質問を入れておけば、税理士が付箋を見てアドバイスしてくれます。

将来は仕訳がいらなくなる?

手形取引がなければ、ほとんどの仕訳は現金と銀行口座の入出金となります。そこでジャパンネット銀行のインターネットバンキングと「ネットde会計」を連携させ、口座の取引情報を取り込んで、仕訳の自動化をはかっています。

まだジャパンネット銀行だけですが提携銀行を増やしていけば、預金関係の仕訳入力はいらなくなります。インストール型の会計ソフトでは、こういったことはできませんので、Saasならではの活用法です。

「ネットde会計」ではもう一つの現金取引の仕訳についても自動化を狙っています。
POSデータを使って現金取引の仕訳を自動化
POSデータを使って現金取引の仕訳を自動化

沖縄で総務省ユビキタス特区事業で環境家計簿「えこ花」がスタートしていますが、これは買い物情報をインターネットを通じて家計簿に記帳することで、日々の消費生活で排出されるCO2量を意識してもらおうというプロジェクトです。買い物をしたお店のPOSデータからレシート情報を取り込みます。
→ 環境家計簿「えこ花」

現在のプロジェクトはPOSデータから取引情報を取り込み、環境家計簿に連携していますが、これを全国の店舗に拡げ、「ネットde会計」に連携すれば現金取引の自動仕訳ができるようになります。実現までにはハードルがかなりありますが、将来「昔、会計の記帳をしていた時代があったなあ」という時代がきそうです。

自社の融資枠がわかる

「ネットde会計」にはもう一つSaasならではの機能があります。

自社の財務情報をネット経由で金融機関に提供することができます。もちろん匿名です。金融機関ではスコアリングシステムを使って、どれぐらいの融資が出せそうか回答します。スコアリングシステムとは財務情報だけをもとに自動与信する仕組みです。

融資が実行された後は、定期的に自社の財務情報を銀行に伝えることができます。よく行員が今月の試算表を持ってきてくださいと連絡してきますが、これがネットでできます。もっとも月に1回は、社長自ら最新の試算表をもって銀行の支店長をたずね、業況と共に説明するのが銀行との取引の常道です。

次期、Office14(Office2010)からはインストール型と別にSaas型でも提供されます。マイクロソフトでは個人ユーザー向けに広告を表示することで無料提供を考えているようです。

「ITを所有して使う」から「ITが必要な時に借りて使う」に大きくパラダイム変換しそうな一年になりそうです。

→ J-Saas
→ ネットde会計

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。