会計ソフトへの仕訳入力、面倒だと思いませんか。

近い将来、自動仕訳になり、昔は会計ソフトに入力していた時代があったなという時代が到来しそうです。今回のガイド記事はクラウド・コンピューティングとSaas型会計ソフト「ネットde会計」をご紹介します。

お守が大変な自社サーバー

情報共有にはサーバーが必要
情報共有にはサーバーが必要
例えば社内で情報共有を行いたいと思えば情報を中継するサーバーを用意し、グループウェアを導入しなければなりません。

ただしサーバーのお守が大変です。定期的にサーバーソフトのアップデートが行われますので、自社でアップデートしなければなりません。サーバーを止めるわけにはいきませんので始業前や終業後、もしくは休みに出社しての作業になります。

またハードディスクがいつ壊れるか分かりませんので、バックアップを定期的にとらなければなりません。最近、増えているのが外部からのサーバー攻撃です。攻撃に備えておかなければなりません。
→ 今、会社のサーバーが攻撃されている

サーバー内に個人情報を格納しているのなら、個人情報漏えいを防ぐ仕組みを構築しておかなければなりません。コンピュータやサーバーの知識が要求されますが、そんな人材がいない中小企業はどうしたら、よいのでしょうか。

答えの一つはサーバーのアウトソーシングです。レンタルサーバーを借りれば、運用はレンタルサーバー会社まかせでサーバーに詳しい人材はいりません。また自社でサーバールームの耐震、耐火工事を行うには大変なコストがかかりますが、レンタルサーバー会社まかせにできます。個人情報漏えいを防ぐため、サーバー室にICカード入退室管理システムを設置しなくてすみます。

もう一つの答えがクラウド・コンピューティングです。

クラウド・コンピューティングとは

ネットの先はクラウド(雲)
ネットの先はクラウド(雲)
クラウド・コンピューティングのクラウドとは「雲」を差します。自社のパソコンから先のインターネット上にクラウド(雲)があり、必要なサービスはクラウドを通して提供され、事業者は使った料金を支払います。自社で用意しなければならないのは、ネットにつながったパソコンとブラウザーだけです。

ネットワーク経由でサービスを提供する形態そのものは昔からありました。ASPという言葉がありますが、最近Saas(Software as a Service)という呼び方が増えてきました。セールスフォース・ドットコムがネット経由でCRMアプリケーション「Salesforce CRM」を提供し、これがきっかけでSaasという言葉が台頭するようになってきました。

厳密にはそれぞれの意味がありますが、ASP、Saas、クラウド・コンピューティングは同じと思ってかまいません。自社にサーバーを持たずにすみ、コンピュータに詳しい人材もいりませんので中小企業向けです。

経済産業省がJ-Saasをスタート

経済産業省のJ-Saasがスタート
経済産業省のJ-Saasがスタート
中小企業のIT化、特に小規模事業者のIT化を進めようと、国家戦略の元、経済産業省がJ-Saasを2009年3月末からスタートさせました。

まずはITベンダー18社が26のサービスを提供しています。ただし、ほとんどが財務会計、経理、給与計算、税務申告です。他はグループウェア、経営分析、販売管理、プロジェクト管理、社会保険手続で、これからサービスメニューが増えていきます。経済産業省では50万社へのサービス・インを目標としています。

Saas型ソフトの一つに「ネットde会計」がありますが、実はこのソフト、Saasの特性を生かし仕訳の自動入力を狙っています。