2005年5月11日に「価格.com」が不正アクセスを受け、一時的にサイトを閉鎖しました。その後も他のサイトで不正アクセス事件が発生しています。今回のガイド記事では不正アクセスについて考えましょう。

価格.comへの不正アクセス

株式会社カカクコムが運営する「価格.com」が5月11日に不正アクセスを受け、ページが改ざんされました。
価格.comへ不正アクセス
価格.comへ不正アクセス

「価格.com」では5月11日以降、24時間監視体制でサイト運営を続けましたが、その後も不正アクセスが続き、ページの改ざん範囲が拡がっていきました。

改ざんされたページを人手で修正していましたが、改ざん頻度が増え、修正が間に合わなくなったため、5月14日にサイトを一時閉鎖します。

不正アクセスの結果、「価格.com」を媒体として2種類のウイルスがユーザーに送信されました。ただしユーザーがWindows Updateを行い、ウイルス対策ソフトで最新の定義ファイル(ワクチンソフト)にアップデートしていれば問題はなかったようです。

また「価格.com」では不正アクセスにより22,511 件のメールアドレスが詐取されたと発表しています。詐取された情報はメールアドレスのみであり、氏名や住所等その他の個人情報は含まれていません。

5月24日に一部機能を除いて再開されましたが、「価格.com」はWebサイトで売上を上げるシステムですのでサイトを閉鎖した10日間分が売上減となってしまいました。

「価格.com」ではアタックの原因、手法など詳細は捜査中のため公表できないとしているため詳しいことは分かりませんが、会見では高度な攻撃で、海外の可能性もある、他のサイトでも起こりうるとの発言がありました。

価格.com
「価格.com」は1997年に秋葉原を中心に大型店をまわりパソコンの店頭価格を調べ提供するWebサイトとして事業を開始しました。現在は、カメラ、携帯電話、家電、自動車保険まで、24カテゴリにおいて約900店の価格情報を発信しています。消費者が必要とする情報を届けるというコンセプトで月間640万の利用者を集めインターネットに比較検索サイトという新しい業態を作り上げました。

その後も続く不正アクセス

「価格.com」の後も不正アクセス事件が続いています。

スターツ出版株式会社が運営する女性向けサイト「オズモール」へ5月25日不正アクセスがありました。

スターツ出版株式会社では万全を期すために即座に、運営している「オズモール」と携帯電話向けサイト「モバイルオズ」「OZの恋愛占い」を一時閉鎖しました。

発表によると、オズモールへアクセスした一部のユーザのインターネット・キャッシュフォルダーにウイルス・ファイルがダウンロードされる現象が確認されました。ただウイルス感染や個人情報を含む情報流出の痕跡はありません。(現在、調査中)

他にも不正アクセスは発生しています! >>