2月9日の日経新聞で、大学生が就職したい企業のランキングが発表されました。

就職したい企業トップ10

1.全日本空輸(ANA)435人
2.トヨタ自動車400人
3.松下電器産業395人
4.サントリー374人
4.三菱東京UFJ銀行357人
6.みずほフィナンシャルグループ   356人
6.日立製作所303人 
8.三井物産297人 
9.三菱商事273人 
10.シャープ261人 
10.ホンダ261人

*有効回答数5,137(就職したい企業を5社まで選択)
(日本経済新聞より)

1位は全日空。男女別ランキングの女子でも1位、文理別の文系で3位との結果。
続いて、世界的に名の通ったメーカーや金融、商社といった顔ぶれとなっています。

志望理由を見てみると、全体では「仕事がおもしろそう」「規模が大きい」「一流」「安定」といった理由が上位に。
トップ10の企業に関しては、「規模が大きい」が理由のトップとなっているのが10社中6社にもなります。
「規模が大きい企業」イコール「スケールが大きく面白い仕事ができそう」、「安定している」といったイメージなのかもしれません。