知ったところでもらえるわけではないものの、ついつい気になる他人のお財布事情。そこで今回は、雑誌「プレジデント」2006年11月13日号の記事『日本人の給料』を元に、給与の高い会社について徹底調査しました!果たして1位は…


さっそく発表!給与の高い会社はココだ!

主要3866社のうち、トップ10は次の会社。


給与の高い会社、ベスト10! ※以下は、平均年収です

【第1位】
日本マクドナルドHD……………………………………1,761万円
【第2位】
朝日放送……………………………………………………1,587万円
【第3位】
フジテレビジョン…………………………………………1,574万円
【第4位】
TBS………………………………………………………1,560万円
【第5位】
プリヴェチューリッヒ企業投資HD……………………1,551万円
【第6位】
ミレアHD…………………………………………………1,541万円
【第7位】
スパークス・グループ……………………………………1,528万円
【第8位】
日本テレビ放送網…………………………………………1,431万円
【第9位】
ダヴィンチ・アドバイザーズ……………………………1,389万円
【第10位】
テレビ朝日…………………………………………………1,365万円

年収の高い会社って、いったいどんな会社!?
年収の高い会社って、いったいどんな会社!?
ベスト10をみると、強いのは、放送業。昨年から何かと注目させている業界です。学生の新卒就職企業ランキングも常に上位にあり、給料もトップレベルの人気業界です。1位の日本マクドナルドHDについては、従業員数2名となっており、街中にあるマクドナルドの店員さんが、給料が日本一高いということではありません。お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、ここであげた上位10社は転職活動をして、入社できる可能性が低い会社が多いのです。

ちなみに、日本人の平均年収は、いくらでしょうか?答えは、437万円。ここ数年は、景気が回復しつつあるにも関わらず、年々平均年収は低くなってきています。また、年収1000万円を超えている人の割合は、全体の4.8%。小学校のころを思い出し、例えば40人のクラスであれば、2人が1000万円を超えている計算になります。

国税庁 平成17年 標本調査結果(民間給与の実態調査結果)



次ページでは、一足飛びに高収入を得た会社の社員のお話>>


(参考・引用)
「プレジデント」2006年11月13日号