宣言どおり!「よりよいロースクール」を目指す研究機関を発足

うれしいニュースが舞い込んできました!
2003年11月、ロースクール、衝撃の答申で文部科学省より「不可」とされた東京法科大学院(青森大学)が、法曹養成教育を研究する機関、青森大学法務研究所を設立。


答申直後にホームページ上で発表された「来春開校予定の66校(+2校)の情報を収集し、より優れたロースクール設立を目指します」との宣言通り、2003年12月末には当青森大学法務研究所を発足。

答申での「不可」をバネにした素早い対応に、2005年設立に対する意気込みを感じます。


懇談会【理想の夜間大学院とは】参加者募集に申込殺到!

この法務研究所発足よりさらに前に、東京法科大学院設立準備室では、理想の夜間大学院開講を目指して「理想の夜間法科大学院とは」というテーマで、2004年1月21日懇談会を企画。当初1ヶ月程度の申込受付期間を設けていましたが、定員超過のため(予定定員は10名)、募集開始から1週間後には早々と締切りました。

なお、この懇談会の様子は後日、ホームページ上に掲載予定。また2月中旬にも第2回懇談会を行う予定とのこと。出席希望者はホームページをマメにチェックして!


無料で学べる法務関連セミナー

青森大学法務研究所では、研究所研究員および客員講師による法務関連セミナーを受講できます。現在予定されている2つの講座はいずれも受講無料。受講申込受付開始はホームページをチェック!(2004年1月6日現在、まだ発表されていません)

1月初旬に詳細を発表予定
【外資系IT企業法務部における近時の法律問題とその取り組み(仮題)】

講師: 吉川達夫氏(アップルコンピューター(株) 法務部本部長)
日時: 2004年1月下旬
応募方法: 1月中旬より メールで申し込み
場所: 東京法科大学院渋谷校舎



【シリーズ 事例研究 民事訴訟法(第一期)】
 民事訴訟法の重要な論点(15項目)について、最新の判例を題材に基本概念・基礎理論を学習。講義はインターネットで配信され、登録受講生は自宅等よりテレビ会議システムによる講師を交えたバーチャルゼミに参加出来ます。

講師: 吉野正三郎氏 青森大学大学院教授
日時: 2月上旬配信開始、バーチャルゼミ 2月中旬
応募方法 1月中旬より メールで申し込み


※講義のタイトルをクリックすると、申込方法等掲載された同研究所のホームページが開きます。


後発だからこそ出来る!他大学のデータ収集と社会の声への対応

2004年4月開講を断念した東京法科大学院ですが、今年6月の設置申請、2005年の開設に向けて、よりよいロースクールを作っていくにあたり、この法務研究所が大きな役割を担うのは間違いありません。

今春開講予定のロースクールに比べ、後発にならざるを得ない状況にありながら、その利点を生かした前向きな姿勢は、受験生だけでなく、他のロースクールにも多大な影響を与えるでしょう。


【青森大学法務研究所事務局】
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-17-3
TEL:03-5778-5700
東京法科大学院事務室内
<事務局業務時間>
月曜~金曜、9:30-13:00、14:00-17:30



【関連記事】
納得して受験したい!だからギリギリまで情報収集
・受験生も学校側も混乱のロースクール

申請72校中、不可4校の「お詫び」と「反論」
・ロースクール衝撃の答申

大学入試センター適性試験特例措置に不満の声
・ロースクール特例措置は不公平?

社会人枠と理系学部枠のダブル利用で合格率アップ
・狙いは東大ロースクール社会人枠

まだ間に合う!ロースクール受験希望者に特例措置
・ロースクール適性試験再チャンス

指導教授との人間関係が決め手
・大学院の実態

・合格する志望理由書の書き方【前編】
・合格する志望理由書の書き方【後編】




【投稿募集】青森大学【法務研究所】発足をご覧になってのご意見・ご感想、体験談などをお寄せください!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。