上手く話せる?
さて、何をどう準備したら本番で上手く話せるのか?それが一番の悩みどころです
「コーヒー」という言葉から、あなたは最初に何を連想しますか?

A まず喫茶店の看板を思い出します。頭の中にスターバックスの緑の丸いマークがイメージできました

B メニューが思い浮かんで、ブレンド、アメリカン、カフェラテという文字を思い出しました

C ブラックのコーヒーの苦味が口いっぱいに広がりました

さて、あなたはどれでしたか?人は五感を通してまわりの世界を認識しています。五感とは視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚です。これらの感覚でキャッチした情報を脳に送り、言葉を使ってそれらに意味付けをしているのです。
それでは、「コーヒー」という言葉から、3人がどのように意味付けをし、行動や反応をしたのかを連想したかを分析してみましょう。

Aさんはまず視覚を使って、看板の絵を見て、コーヒーというものをとらえています。Bさんはメニューの文字を「見て=視覚」いるのではなく、「読んで(声に出して聞いているのと同じ状態)いる事から聴覚を使っていることがわかります。Cさんは味を感じているところから、体感覚(味覚、嗅覚、触覚をひとまとめにしたもの)を使っています。

このように、五感のうち優先的に使う感覚は人それぞれです。どの感覚も使う能力はあるのですが、どれを頻繁に使うのかをタイプ分けしたもの。それが「優位感覚タイプ」です。

優位感覚タイプ


●視覚タイプの人
「あなたが何を言っているのか、私には話が見えません」「先が見えないような経営はどうかと思います」などと、「見る」「見える」「眺める」という言葉をよく使います。色の話をしたり、表現がカラフルだったりします。絵を見るように語ります。

●聴覚タイプの人
「私にはふざけているようにしか聞こえません」「楽しそうな声が聞こえてきたよ」などと、
「聞こえる」「考える」「理解する」という言葉を使い、理論的に考える傾向があります。
本を読むのも聴覚に当てはまります。本を読むときには視覚を使って文字を追いながら、頭の中で文字を読み、理論的に捕らえていることになります。

●体感タイプの人
「その話を聞いて、憤りを感じました」などと、「話の趣旨をつかむ」「とらえる」という感覚的な言葉、あるいは動作で示す傾向があります。

ちなみに、ガイドの君塚は体感タイプがとても強く、考え事をするときにはウロウロと歩き回ったり、話すときはゼスチャーも多いです。絶えず体のどこかを動かしているような気がします。自分の考えをまとめるときには図を描きます。だから、考え事をしているときにはそっと放って置いて欲しいと思います。

私のビジネスパートナーは、聴覚タイプのようです。何かあると話したがり、話すことで自分の考えをまとめる傾向があるので、何か悩みなどがあったら、誰かが聞いてあげるように心がけなくてはいけません。

優位に立つ感覚タイプが違うと、こんなに違ってくるのです
それでは、「有意感覚タイプが違う相手とコミニケーションを取るにはどうしたらいいのか」を次のページで探っていきましょう。

優位感覚タイプが違う相手とうまく付き合うヒントは次ページに!