キャリア女性が「シアワセ」になる2策

代表取締役 経沢 香保子さん
トレンダーズ株式会社 代表取締役 経沢 香保子さん 97年慶大卒、リクルート入社。AYAネットワークを経て、99年楽天に入社、営業部・社長室を経て、新規事業「楽天大学」設立。2000年トレンダーズ設立。F-1層(20-34歳女性)を活用するマーケティング事業や中小企業PR代行サービス「広報担当」、女性幹部専門の人材紹介サービス「ones.be」、「女性起業塾」などを立ち上げている。05年6月から女性専用のソーシャルネットワークサービス「only1.be」をスタート。
トレンダーズ代表取締役の経沢香保子さんは、2度の転職を経て26歳で起業。F-1(20-34歳女性)層を活用したマーケティング事業で成功を収めた女性起業家の旗手。

その後もプレスリリース代行サービス「広報担当」や「女性起業家塾」、女性幹部専門の人材紹介サービス「ones.be」など、業界に新風を吹き込むビジネスを次々と立ち上げている。

経沢さんは「団塊ジュニアの代表」として、女性のキャリアを応援する活動に着手。今年4月には、「少子化問題」を議論する政府審議会の委員に就任。「仕事と育児の両立」という、働く女性の永遠のテーマに真正面から取り組んでいる。

働く女性に範を示す彼女に、仕事と育児の両立についてアドバイスしてもらった。

関連ガイドサイト女性のキャリア
Contents
1.キャリア女性が「シアワセ」になれる2つの策
2.マネジメントは時空を超える
3.100億を生む「女性起業塾の挑戦」
4.女性幹部の多い会社は好業績?
5.「地獄の(!?)GW合宿」の理由


マネジメントは時空を超える

「シアワセ」になれる2つの策
仕事と育児を両立したい女性は「マネジメント」を身に付けるべき 「女性起業塾」
「仕事と育児を両立したい女性は、子供を産むずっと前から、仕事を『育児休暇が取得しやすい』『託児所がある』といった視点で選びがちです。でもそれは、もう少しあとでもいいのではないでしょうか?

特に20代前半の女性であれば、死ぬほど仕事して早く“実力”を身に付けたほうが後で有利だと思います。小さい会社でリーダーを目指すというキャリアもお薦めです。

なぜなら『マネジメント』が身に付くからです。私が出産したり妊娠しながら、仕事を中断せずに済むのは、私が『マネジメント』の立場にあるからだと思っています。

『マネジメントは時空を超える』のです。マネジメントは時間で働く仕事ではなく能力で結果を出す仕事。周囲にも必要とされれば、時間が自由に使えるし、高い所得を得るチャンスもある。ベビーシッターなどのサービスを使う余裕もできるでしょう。

時間や場所に拘束されず、仕事ができる“実力”を身に付けること。それが仕事と家庭を両立させる最高のキャリアなのです」

関連ガイドサイトコーチング・マネジメント起業・独立開業フリーランス

彼女は本気で、女性にマネジメントを身に付けてほしいと願う。すでに女性のマネジメント育成に“2つの策”を打った。



取材記事のご紹介

「ビジネスリーダーになるには?」というテーマで、ガイドは経沢さんの「成功のエッセンス」をまとめました。「仕事も人生も面白くありたい」という言葉がとても印象的でした。ぜひご覧ください。

深彫りして得意技を磨け
・仕事の本質は1つ
・売れる技を身に付ける法

経営者3年目の転機
・モチベーション低下
・オフィス移転の意図

共感を得られるようになろう
・チャーミングな人になる