自分の走り方を知る!


あなたはペンギン型? ドタバタ型?

●自分の走り方を知ろう!
速く走るためには、まず、自分の走り方を知ることが大切です。走るのがチョット苦手という人の走り方は、大きくふたつのパターンに分けられます。ひとつは歩幅が小さく、ペンギンのようにチョコチョコとした走り方、もうひとつは、大股でドタバタとした走り方です。必要なトレーニングは、その走り方によって変わってきます。


ペンギン走りのあなたには
腕の振り方を意識するようにします。実は走るときに腕を振る本来の目的は、うまく腰を回すためなのです。
腰の動きに連動させた腕の振りを身につけるためには、まず片足で立って、体重はその前足にかけるようにし、もう一方の足を後ろにひいて、つまさきだけで立ちます。その姿勢で腕を振りながら、腰にひねりを加える練習をします。

ドタバタ走りのあなたには
ドタバタ走りの原因は、かかとから足をベタッと地面についている点にあります。
そこで縄跳びをして、そのときに意識してつま先で地面をキックする練習が有効です。