太陽の光を取り入れるためには窓プランが重要

新築やリフォームの際、光あふれる明るい住まいにしたい、と多くの方が望むものではないでしょうか。太陽の光を上手に、効果的に取り入れるためには、間取りはもちろん、窓のプランがとても重要。敷地や周辺環境に適した配置、窓のスタイルや大きさなど、充分に検討することが大切です。

実際に家づくりを進めていく中での窓計画は、専門的な知識を持つ設計担当者などからの提案を確認していくことになりますが、施主として知っておきたいいくつかのポイントが挙げられるでしょう。

Point1 季節や時間ごとの光の入り方、敷地環境に合わせて

庭につなげるように、大きな窓を設けて開放的に。[ワイドオープン 4枚建] YKK AP http://www.ykkap.co.jp/

庭につなげるように、大きな窓を設けて開放的に。[ワイドオープン 4枚建]  YKK AP
 

光を効果的に取り入れる方法は、地域や敷地形状、周辺の環境によって異なるものです。間取りプランの際に、季節による太陽の動きなどを考慮して、どこに、どんな窓(開口部)を、どう取るか、検討することになるでしょう。

現在住んでいる家を建て替える場合は、太陽光の回り方、日陰になる場所など、気になることは事前に設計担当者に伝えておくことも大切です。もちろん窓は、採光だけでなく通風を得るための重要な要素ですし、インテリアやエクステリアを含めてデザイン性にも大きく関わってくるもの。採光だけを考えるのでなく、全体を考慮しながらプランニングすることがポイントです。

Point2 条件に適した窓形状、設置位置を

高い位置まで窓を設けることで、多くの光を取り込むことが可能。undefined[エルスターX] LIXIL undefinedhttp://www.lixil.co.jp/

高い位置まで窓を設けることで、多くの光を取り込むことが可能。 [エルスターX]  LIXIL
 

窓には、形状や種類は数多くありますが、効果的に採光を得るためには、ある程度の大きさの窓を確保することは基本。たとえば、天井近くまでの高さのある窓(ハイサッシと呼ばれることも)や大開口の窓、コーナー窓なども考えられるでしょう。コーナーに設けた窓は、ふたつの方向から光を得ることができますし、縦や横に広がりのある窓を用いることで、空間的にも開放感を生み出すことが可能です。

大きさだけでなく設置する位置も重要です。たとえば、隣家が迫っていたり道路に面しているなど、環境やプライバシーの問題で、通常の高さに窓を設けることが難しい場合は、壁面上部にハイサイドライト(高窓)を設けたり、床面近くの低い位置に窓を設けることで、光を取り入れるプランも考えられます。高い窓は部屋に明るい印象を与え、低めの窓は落ち着きを感じさせる効果があると言われているので、たとえば、子供部屋にはハイサイドライトを、和室に低めの窓を設けるなど、空間の使用方法に合わせてプランニングするようにしましょう。

Point3 北側の採光には充分に配慮する

一般的に、南側は積極的に窓を設けるケースが多く、光あふれる空間を実現しやすいものですが、北側のスペースはどうしても暗くなりがち。特に、北側にプランニングされることも多い、キッチンや洗面、浴室などの水まわりでは、清潔さを保つためにも、できるかぎり明るいスペースとしたいものです。

たとえば、壁付タイプのキッチンの場合、シンク前に窓を設ければ、手元が明るく使い勝手がいいことはもちろん、洗い物をしながらの窓の外の眺めも楽しむこともできるでしょう。収納スペースを確保するためにアイレベルに窓を設けることが難しいのであれば、ハイサイドライトやトップライトも効果的です。

また、洗面室は、朝日を取り入れ、洗顔やお化粧がしやすい明るさを確保したい空間。窓プランは、洗面化粧台や洗濯機の設置位置などと同時に検討することがポイント。限られたスペースなので、細長い窓やハイサイドライトなどが取り入れやすいでしょう。湿気がたまりやすい場所なので、換気の面も合わせて検討することが大切です。

Point4 スリット窓や小窓などを効果的に取り入れる

大きな窓だけでなく、スリット状の窓を設置する空間に合わせてプランニング。undefined[エルスターS] LIXIL undefinedhttp://www.lixil.co.jp/

大きな窓だけでなく、スリット状の窓を設置する空間に合わせてプランニング。 [エルスターS]  LIXIL
 

都市型の住宅などで、大きな窓を取ることが難しい場合は、スリットタイプの窓や小窓を配する方法も考えられます。最近では、細長いスリット状の窓や小型タイプの丸窓、正方形の窓などの商品バリエーションも豊富になり、プランニングもしやすくなっています。いくつかを組み合わせるプランが多くみられ、配置によっては外観デザインのアクセントにもなるでしょう。

また、開閉はできませんが、ガラスブロックなどを取り入れる方法も。外からの視線を遮り、柔らかい光を空間に取り入れるには効果的な素材です。玄関や廊下、階段ホールなどだけでなく、居室の壁の一部に用いてもいいでしょう。
 

Point5 効率よく光を得ることができるトップライトも手法のひとつ

壁面に窓を設けられなくても、トップライトをプランニングすることで、明るさを確保。[スカイシアター] LIXIL undefinedhttp://www.lixil.co.jp/

壁面に窓を設けられなくても、トップライトをプランニングすることで、明るさを確保。[スカイシアター]  LIXIL


上部からの光を確保するためには、トップライトも効果的です。トップライトは、壁面に設ける窓よりも効率のよい採光を得ることが可能なので、廊下や階段の吹き抜け、北側の居室、小屋裏などにいいでしょう。

メーカー商品としては、固定式(フィックス)と開閉式がありますが、通風面を考慮すると開閉できるタイプがおすすめ。手動で開閉するタイプと電動タイプがあり、手動式には、手元で開閉するタイプ、棒状のフックのようなもので操作できるタイプも。スイッチやリモコンで操作する電動式には、雨が降ると自動で閉まるセンサーが付いた商品もあるので、設置する場所やライフスタイルに合わせて選ぶことがポイントです。
 

Point6 室内窓や引き戸で家の中にも光を取り込む工夫を

 

光を取り込む間仕切りを設け、住まいの奥まで明るく。[スクリーンパーティション 採光ユニット アクリルブロックFIX] YKK AP http://www.ykkap.co.jp/

光を取り込む間仕切りを設け、住まいの奥まで明るく。[スクリーンパーティション 採光ユニット アクリルブロックFIX]  YKK AP


窓からの光は、できる限り室内にも取り込み、明るい空間としたいものです。間仕切のない間取りとしたり、室内扉は引き戸として、空間を開放的にすることができるようにするのもいいでしょう。また、ガラスなど光を透すパーテーションタイプの可動間仕切を取り入れても。室内窓を設けたり、階段に蹴込み(けこみ)板のないものを選ぶなど、部屋全体、家全体に光が回るようなプランニングを心がけることも大切です。

その他、玄関ホールや勝手口まわりなどでは、スペースの関係などから、窓をプランニングするのが難しい場合も。窓が取れない場合は、ガラス入りの玄関扉や勝手口扉を選ぶことで、明るさを確保できるでしょう。最近では、防犯性にも配慮した、通風も可能なタイプも増えてきています。
 

Point7 住まい全体をトータルに検討を

中庭に向かって開放的な窓を設けることで、光を取り込むことも可能。[ワイドスライディング 三枚連動片引き窓 全開放引込み窓] YKK AP http://www.ykkap.co.jp/

中庭に向かって開放的な窓を設けることで、光を取り込むことも可能。[ワイドスライディング 三枚連動片引き窓 全開放引込み窓]  YKK AP 


明るい住まいとするための窓プランは、間取りと大きく関わるもの。たとえば、多くの光を取り入れるために中庭(光の庭)のあるプランやL字型の配置としたり。ハイサイドライトやトップライトを設けるために、吹き抜け空間を取り入れる場合もあるでしょう。もちろん、季節によっては強い日差しを遮る工夫も必要でしょうし、日常的なプライバシーや防犯面への配慮も大切です。光を上手に取り込み快適な空間にするためには、敷地の環境に合わせ、住まい全体をトータルで検討することが重要なポイントでしょう。


【関連記事】

 




匿名で優良会社にリフォーム相談!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。