快適なトイレ空間を実現する手洗器

壁付タイプの手洗器。シンプルなデザインは、清潔感を感じさせるとともに、どんなインテリア空間にも馴染む。[DV071645-00]undefinedセラトレーディングundefinedhttp://www.cera.co.jp/

壁付タイプの手洗器。シンプルなデザインは、清潔感を感じさせるとともに、どんなインテリア空間にも馴染む。[DV071645] セラトレーディング 

最近のトイレ空間プランの傾向は、設置する衛生機器の性能や使い勝手はもちろん、家族もお客様も快適に使用することができる、こだわりのスペースが多くみられること。すっきりとしたデザインで、空間にゆとりを生み出す、タンクレストイレと個性的な手洗器を組み合わせるケースも増えてきているようです。

トイレ手洗器は、タンクレストイレだけでなく、手洗いなしタイプのタンク式トイレを取り入れた場合にも必要になるアイテム。手洗いありのタンク式トイレに比べ、適した位置(高さなど)に設置することができるので、幼いお子さんや高齢の方でも使い勝手がいいというメリットもあるでしょう。

最近では、各メーカーから、さまざまなタイプの洗面器が揃っており、デザインに特徴があるもの、限られたスペースでも設置できるタイプなど、好みや予算に合わせてプランニングすることが可能です。

トイレ手洗器の主な種類と特徴

直線的で掃除もしやすい洗面器一体型のカウンター。収納スペースやペーパーホルダ―、トイレリモコンなどもすっきり納まる。[トイレ手洗い収納undefinedアラウーノカウンター]undefined パナソニック エコソリューションズundefinedhttp://sumai.panasonic.jp/

直線的で掃除もしやすい洗面器一体型のカウンター。収納スペースやペーパーホルダ―、トイレリモコンなどもすっきり納まる。[アラウーノカウンター]
パナソニック エコソリューションズ

トイレ空間に設置する手洗器は、いくつかのタイプに分けることができます。メーカーや商品によって、分類や名称は異なりますが、主に、手洗器(ボウル)のみのタイプ、手洗器と収納スペースなどのキャビネットが一体化したタイプ、手洗器だけでなく、カウンターや収納キャビネットなどを自由に組み合わせることができるシステムタイプなどが挙げられるでしょう。メーカーによっては、キャビネットタイプとシステムタイプの中間的な商品もみられます。

■手洗器(ボウル)
カウンターに据え置くタイプの陶器製の洗面器。さまざまな空間にコーディネートが可能。[ベッセル式洗面器undefinedLS703]undefined TOTOundefined https://jp.toto.com/

カウンターに据え置くタイプの陶器製の洗面器。さまざまな空間にコーディネートが可能。[ベッセル式洗面器 LS703] TOTO 

比較的小さめの洗面器(ボウル)を設置するスタイル。壁に設置する(ブラケット)タイプ、埋め込みや半埋め込みタイプ、据え置きタイプなどがあり、スペースが限られている場合にも向いているでしょう。

カウンターやキャビネット、チェストのような家具などと組み合わせるケースもみられ、水栓金具やタオル掛け、ペーパーホルダーなどとのコーディネートによって、個性的な空間づくりを楽しむことが可能。スタイリッシュなデザインの海外製品、陶器や磁器製など和の雰囲気を持つタイプなど、豊富な商品が揃っています。

■キャビネットタイプ
コンパクトなキャビネットとカウンターを組み合わせたタイプ。0.4坪 のスペースにもすっきりと納まる。[レストルームドレッサーundefinedセレクトシリーズundefinedSサイズ]undefined TOTOundefined https://jp.toto.com/

コンパクトなキャビネットとカウンターを組み合わせたタイプ。0.4坪 のスペースにもすっきりと納まる。[レストルームドレッサー セレクトシリーズ Sサイズ]  TOTO 

キャビネットタイプは、手洗器と収納スペースが組み合わされたタイプ。比較的コンパクトなデザインが多く、一般的な住宅のトイレ空間に取り入れやすい商品が揃っています。洗面器そのものは小さめですが、形状に工夫を施すなどして、しっかりと手を洗うことができ、水ハネにも配慮されたものなどがみられるのが特徴でしょう。

壁面への埋め込み型や半埋め込み型のタイプ、空間のコーナー部分を利用するタイプなどもあるので、スペースに合わせてプランニングすることが可能。ペーパーホルダーやタオルかけ、鏡、手すりなどを組み合わせることができる商品もみられます。

■システムタイプ
ユニットを組み合わせて好みの空間を実現できるセミオーダー手洗器。フロートキャビネットに据え置きタイプの洗面器を組み合わせて。[INAX キャパシア]undefined LIXIL undefinedhttp://www.lixil.co.jp/

ユニットを組み合わせて好みの空間を実現できるセミオーダー手洗器。フロートキャビネットに据え置きタイプの洗面器を組み合わせて。[INAX キャパシア]  LIXIL  

洗面器はもちろん、カウンターやキャビネット、水栓金具や鏡などを自由に組み合わせ、構成することができるセミオーダータイプ。カウンターに手洗器を設置するだけのシンプルなスタイルから、収納キャビネットやペーパーホルダー、タオル掛けや手すりなどを組み込むスタイルまで、好みに合わせたコーディネートが可能です。

カウンターやキャビネット扉、水栓金具など豊富なバリエーションを揃えた商品、充実の収納スペースを確保できるシリーズ、トイレリモコンなどを組み込むことができるタイプなどもみられます。

トイレ手洗器に適した素材

洗面器の素材は陶器製や樹脂製、カウンターと一体化した人工大理石など。水栓金具は、シングルレバーや自動水栓、洗面器に組み込まれたタイプなどもみられます。使い勝手とデザイン性を考慮し、設置することができる水栓金具が設定されている商品、推奨する組み合わせを提案したタイプもみられます。

プランニングのポイント

■トイレの使い方を明確にして、必要なアイテムの検討する
水アカをはじき汚れにくい素材の用いた洗面器。両手がすっぽり入るので床への水ハネも防ぐことができる。 [アラウーノ手洗い] undefined パナソニック エコソリューションズundefinedhttp://sumai.panasonic.jp/

水アカをはじき汚れにくい素材の用いた洗面器。両手がすっぽり入るので床への水ハネも防ぐことができる。 [アラウーノ手洗い]
パナソニック エコソリューションズ


トイレ手洗器を検討する際には、そのトイレの使い方を明確にすることが大切です。家族だけで使うトイレなのか、お客様も使うのか、によってプランニングも変わってくるでしょう。一般的な住宅では、トイレを2ヶ所設ける場合も多くみられます。それぞれについての使い方をイメージして検討することが大切です。

たとえば、家族だけであれば、デザイン性よりも機能性を優先して。予備のタオルや買い置きのトイレットペーパー、掃除用品や生理用品などを収納できるスペースを確保できるようなキャビネットを取り入れても。キャビネット内の収納容量、掃除のしやすさなどもチェックしておきたいポイントです。

お客様が利用することが多いのであれば、パウダールームのような空間づくりを検討しても。こだわりのデザインの洗面器や水栓金具、身だしなみのための鏡を設けたり、花などを飾るカウンターを設けてもいいでしょう。

■空間の広さ、便器の大きさや動線などを考慮する
コーナーに設置するので空間を有効活用できる。0.5坪でもゆったりと手を洗うことが可能。収納力のあるキャビネットとミラーキャビネットも。[コーナー手洗キャビネット]undefined LIXIL undefinedhttp://www.lixil.co.jp/

コーナーに設置するので空間を有効活用できる。0.5坪でもゆったりと手を洗うことが可能。収納力のあるキャビネットとミラーキャビネットも。[コーナー手洗キャビネット]  LIXIL

どのようなタイプの手洗器をプランニングするにしても、まず、トイレ空間の広さや便器サイズに適したものを選ぶことが基本。出入口の扉の形状や開き勝手なども考慮することも重要でしょう。立ち座りなどの動作をしても、余裕のあるスペースを確保し、使い勝手のいい位置に設置すること。限られたスペースの場合は、コンパクトな手洗器や壁に埋め込むことができるキャビネットタイプなどが向いているでしょう。

■ショールームで確認を。空間展示やモデルハウスも参考に
トイレ手洗器を選ぶ際には、必ずショールームで実際の商品の確認することが大切です。便器を選ぶ際に一緒に検討すること。手洗器単体だけでなく、広さごとのトイレ空間に設置された展示もあるので、実際にスペースの中での使い勝手やデザイン性のチェックを。住宅展示場、モデルハウスなどの空間づくりも参考にするといいでしょう。


【関連記事】
トイレの種類と特徴&商品最新傾向
タオル掛け、紙巻器etc.トイレアクセサリーの選び方
トイレがすっきり使いやすくなる収納プランのポイント
省エネ性、快適性もアップ!温水洗浄便座の種類と特徴
トイレの価格はココで変わる
トイレの床材には何を選ぶ?主な素材の種類と特徴
サニタリー(浴室・洗面室・トイレ)プランの考え方
トイレや洗面室に設置する換気扇の種類と特徴
満足いくトイレを選ぶためのショールーム活用法
小さな家での暮らしのエッセイ~トイレはふたつ必要か?~




匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。