敷地内や屋上に緑を作れば省エネ効果がより高まります。

敷地内や屋上に緑を作れば省エネ効果がより高まります。

環境にやさしく経済性もある省エネ性の高いマンションは、最近ではエコマンションとも呼ばれ、注目を集めています。

今回は、エコマンションのメリットや、数多い新築分譲マンションの中からどうやってエコなマンションを見極めるのかなどを見てまいります。


 

 

エコマンションの利点

省エネ性の高いマンションは、建物からの熱の出入りが少なく、最低限の冷暖房で、1日中そして1年中を快適に過ごせる仕様になっています。

冷暖房費の節約はもちろん、部屋ごとの温度差、朝~昼~夕~夜中といった時間帯ごとの温度差が少なく、ヒートショックなどの家庭内事故が起こりにくくなり、お年寄りや子どもも安心して過ごすことができます。

冷暖房が少なくてすむ分、CO2排出量の削減につながり、地球にもやさしいのです。また、省エネ性能の高いマンションは、躯体自体にも負荷がかかりにくいため、マンションの寿命が長くなる条件も兼ね備えています。

省エネ性の悪いマンション

反対に建物の省エネ性が悪いマンションになると、外気温の影響を受けやすく、冬は寒く、夏は暑く、エアコンなどの空調機に頼る頻度が多くなってしまいます。

冷暖房費が高くつくばかりではなく、窓ガラスに結露が生じ、サッシ回りのカビや、収納、家具の裏などの壁に生えるカビの原因になります。冬場、なんとなく部屋がカビ臭い場合は壁仕上げの内側にカビが生えている可能性もあります。

このようなカビが原因でぜんそくになったり、冬場にトイレやお風呂場でヒートショックを起こすなど、健康に害を与える可能性も高くなります。

省エネ性の悪いマンションは、お財布にも健康にもいいことはありません。世界的に地球環境問題に取り組んでいる今、これから購入する場合はぜひ、省エネ性の高いエコマンションを選ぶようにしましょう。

省エネ性の高いマンションの見極め方は次のページで。