前回は 「木造在来工法」 、 「ツーバイフォー工法」 (枠組壁工法) 、 「鉄筋コンクリート工法」 を説明しましたが、それ以外にも次のような工法があります。


木質系プレハブ工法

昔はプレハブといえば、即席の簡易建物のようなイメージがありましたが、現代では高級住宅の建築にも用いられています。あらかじめ工場で厳密な品質管理のもとに生産された床、壁、天井等のそれぞれのパネルを現場で組み立てて建築が行なわれます。

コストダウンが図られ工期も短くて済むうえ、面全体で荷重をバランス良く受け止めるため耐震性や風に対する強度も強く、また耐火性や気密性にも優れているという長所があります。その反面、気密性の高さゆえに湿気によって木部が腐食しやすいという欠点があり、日常のメンテナンスが重要になります。


鉄骨系プレハブ工法

建物の基本構造を工場生産された鉄骨材で組み立てるものです。基本的には 「軸組工法」 「軸組パネル工法」 「パネル工法」 等に分かれるようですが、具体的な工法ではメーカー各社で様々なバリエーションがあるようです。木質系よりも品質が安定しており、より優れた長所がある一方で、サビへの対策がカギとなります。


コンクリート系プレハブ工法

工場生産によるPC (プレキャストコンクリート) パネルを使って床、壁、天井を組み立てます。耐火性、断熱性、遮音性には特に優れた性能を有する反面で、PCパネルの自重のためにクレーン車等を用いた大掛かりな工事になりやすく、工事可能な敷地が限定されます。また、間取りや外観デザイン等の自由度が低いなどの欠点があります。


ユニット工法

その材質により 「木質系ユニット工法」 と 「鉄骨系ユニット工法」 とに分かれます。工場で設備までを取り付けたルーム単位のユニットを仕上げ、それを施工現場で組み立てるため、工期はかなり短くて済みます。イメージ的には積み木のようで怖いような感じもしますが、実際にはそんなことはなく、強度を高めたり優れた性能を確保するため、各社さまざまな工夫を凝らしているようです。



All About 住宅関連ガイドサイトの中から、不動産売買に役立つ記事を厳選
不動産売買お役立ち記事 INDEX



おすすめINDEX
   一戸建て・土地選びのポイント

関連記事
   一戸建住宅の工法と特徴 その1
   デザイナーズ住宅についてどう思いますか?




ガイドの不動産売買基礎講座 INDEX



「不動産売買」 ガイドのメールマガジン (無料) は、不動産に関する最新情報をはじめ、さまざまな話題を取り上げながら、毎月2回皆様へお届けしています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。