ママの体の変化

妊娠初期のパパママ

ママは精神・体調面で不安定になる時期

多くのママが妊娠に気づきます。この時期は「つわり」の症状で、ご飯や魚の匂いにむかつきを覚えることも。だるさや眠気、すっぱいものが食べたくなる人もいます。つわりは平均して1ヶ月、長くても妊娠5ヶ月(20週目頃)にはおさまります。

まだ、お腹は大きくならないので「本当に妊娠している?」と思うことも。でも、通常は鶏の卵くらいの大きさの子宮が、こぶし大へと少しずつ大きくなり、乳房の張りや乳首の色も濃くなってきます。体は着々と出産の準備を始めているのです!この時期、一番気をつけたいのは「流産」です。妊娠12週が過ぎるまでは、過労・病気・過激な運動などは控え、ゆったり過ごしましょう。もし、下腹部の痛みや出血を伴うおりものがあった場合は、すぐ病院へ!
 

ママの心の変化

「赤ちゃんができた!」という喜びと、「元気な赤ちゃんが産めるかしら?」という不安の両方の思いが交差する時期。不安になったらその気持ちを、パパに聞いてもらいましょう。お互いの気持ちを夫婦で共有することも大切です。もちろん、人生の先輩である母親や出産したお友達に相談しても。
 

パパだからできること

親になる嬉しい気持ちはパパも同じ。ただ、ママは精神・体調面で不安定になる時期です。ママが不安になっていると感じたら、仕事を早めに切りあげて帰宅するなど、一緒にいる時間を長く。精神的な支えはパパが一番。また、体調面では流産の危険性から、ママは重いものをもつことや激しい運動は控えたい時期。ふとんの上げ下ろしや買い物の荷物もち、ゴミ出しなど、パパの力が頼りです。Hは注意が必要です。ママの負担にならないよう、お互いよく相談しましょう。
 

この時期を楽しく乗り越えるには

つわりがひどいママは、無理に食べなくても大丈夫。食べられるものを食べたいだけ摂れば、赤ちゃんの栄養は足りています。朝起きた時に気分が悪くなる場合は、おにぎり等の軽食を枕元に用意して。パパも外で食事をすませるなど、ママの負担が軽くなるよう、お互いに相談しましょう。
 

お腹の赤ちゃんと遊ぼう

病院にいくと、超音波エコーでお腹の中の赤ちゃんの様子を見せてくれます。小さな丸い形から、少しずつヒトの形になっていき、その変化もとってもかわいい。ママやパパが楽しんでいると、お腹の赤ちゃんにもそれが伝わります。

>> 関連記事
妊娠2ヶ月
妊娠3ヶ月
妊娠4ヶ月

>> 関連サイト
妊娠初期

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。