居庸関。右側の半円形の出っ張りは甕城(おうじょう)。モンゴルへの途上にある関城で、遼・金・元・明の各時代で北京を守る要衝として重視された

ほかのギャラリーを見る