今回は、Childフィルタです。

jQueryライブラリ本体の入手方法と、セレクタについてのドキュメントは下記のページにあります。

Childフィルタについて

Child要素 に関するセレクタです。親要素に対する firstChild、lastChildなどだけではなく CSS3の:nth-childなどによる検索やさらにそれを簡単にするキーワードなども設定された便利なフィルタです。

これにより、最初の要素、何番目の要素、偶数番目の要素、あるいは、指定した式のパターンに該当する要素 などのきめ細かなマッチングを手軽に行えるようになります。

jQueryバージョン1.2.6現在、jQueryのChildフィルタとして使えるものは次の4種類です。 今回はこのうち最初の:nth-childを紹介します。

フィルタ 機能
:nth-child(index/even/odd/equation) 指定されたindex番目の子要素、偶数、奇数番目、あるいは式に当てはまる子要素
:first-child 最初の子要素
:last-child 最後の子要素
:only-child 兄弟を一つも持たない子要素


では、次ページから順にサンプルを作って試してみましょう。