Whois情報として「個人情報を公開する」か「代理情報を公開する」かを選択できる仕組みが用意されている場合もある(ムームードメインでの例)

ほかのギャラリーを見る