Webブラウザ上で動作するプログラム言語JavaScriptに興味を持ったという方が増えています。ブラウザの「ソース」ボタンで生まれて初めてプログラムを見たという方は多いでしょうし、ホームページを作ってみたいけれど、プログラムは全く判らないという方も少なくないのではないかと思います。

そこで今回は、「本当にはじめてJavaScriptを書いてみたい!」という方のために、まず「Javascriptって何?」ということについて解説します。

Javascriptとは?

JavaScriptは、プログラムを記述するための言語のひとつで、Webブラウザに実装されることによってインターネットの普及とともに爆発的に普及しました。

1995年、当時最も普及していたブラウザNetscape2.0にLiveScriptという名前で実装されてデビューしてから、JavaScriptと名前が変わり、その後、IEやOpera、Firefox、Safari、Chromeなど主要なブラウザには必ず搭載されてきました。 現在では、ブラウザ上で動かすプログラムといえば、大半はJavaScriptと言っても良いほどです。

JavaScriptの魅力は、まずその手軽さです。テキストエディタ(注1)とブラウザさえあれば、その場で書いたプログラムを即座に実行できるのです。

さて、何はともあれとりあえず、ちょっと試してみましょう。


ボタンをクリックしたらダイアログが表示されるプログラムを書いてみよう

サンプルはこちら。ボタンをクリックするとダイアログを表示します

サンプルはこちら。ボタンをクリックするとダイアログを表示します

ボタンがクリックされたら「こんにちは」と表示されるようにしてみましょう。
<button onclick="alert('こんにちは')">
押してね
</button>
プログラムはこれだけです。

エディタで新規ファイルを開きこのコードをコピー&ペーストしてから適当な名前(たとえば、test.htm)をつけて保存してからブラウザで開くと、下記のようなボタンクリックでダイアログが開くプログラムが完成します。

<button>文字列</button>は、JavaScriptではなく、HTMLでボタンを表示させるタグですが、ここでは、このボタンにJavaScriptを仕込んで有ります。ボタンを「クリックする」という動作に対して、JavaScriptでダイアログを出すという仕掛けです。

「onclick="alert('こんにちは')"」のうち、onclickは「クリックしたら」、 alert('こんにちは')は、ダイアログを表示するという意味の命令です。 このふたつをつなげて、「クリックしたら、ダイアログを出す」という動作をし てくれるわけです。

これの「手軽さ」こそが、JavaScriptです。 あとは、このコードをコピーして自分のホームページやブログなどのHTMLの中へ貼りつけると使えます(注2)。簡単ですね。

そして、alertの括弧の中に書いた「こんにちは」を「よく来たね。有難う。」とか「ゆっくりしていってね」などと書き換えていろいろな場面に応用することができす。

次回は、JavaScriptを書く場所について説明します。


注1:テキストエディタは、Windowsなら最初からアクセサリに入っている「メモ帳」、Macなら「テキストエディット」などでも良いですが、できれば「サクラエディタ(win)」や「秀丸(win)」「CotEditor(mac)」などフリーやシェアウエアで高機能なものをおすすめします。「テキストエディタ」で検索すれば、いろいろなものが見つかると思います。

注2:レンタルサーバーやブログの中にはJavaScriptを使えない場合もあります。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。