サイトの善し悪しは第一印象で決まる!?

ネットサーフィンをしていて、あるサイトにたどり着きました。さて、そのサイトに対して多くの人は直感で何かを感じます。直感で「あ、違う」と思えば、3秒も立たないうちにブラウザの戻るボタンで帰ってしまいますし、「ちょっと情報少なそう」と思われても同じようにさっさと帰ってしまうかもしれません。

逆に「情報たくがさんありそう」と思われれば、一瞬にしてブックマークされることもあり得ますし、「あ、違う」と同時に「でも、楽しそう」と思われれば、3秒で立ち去ることもなく、目的が果たされなくてもそのサイトを楽しむこともあります。

サイトマップ例
情報を探すためにサイトを訪れる訪問者たち。サイトを見るときはまず直感で判断します。

サイトの第一印象で訪問者の動きはこんなにも違うのです。今回の記事から何回かに分けて、すぐに帰ってしまう訪問者を減らす方法、逆に立ち止まらせる方法等をご紹介していきます。

今回は、第一印象を良くして、直帰率(サイトを訪問した人が、訪問したページだけを見てすぐさま立ち去った率)を少しでも下げるための方法を3つご紹介します。


突然目に飛び込んでくるものが広告、は悪印象

目立つ場所に広告バナーを貼れば、サイトに来た人みんなが見てくれるから、広告のクリック数も上がってアフィリエイト収入も増えるはず。そう思ってトップページ上部にでかでかと目立つ広告バナーを設置したとしましょう。このようなサイトに出会ったとしたら…。きっとあなたはこのサイトに悪印象を持つでしょう。そして、それがために3秒で立ち去ってしまうかもしれません。

一般的に広告=悪という印象を持たれやすいですから、トップページの上部に大きな広告バナーは絶対にやめたほうが良いです。…と言われても無料レンタルサーバーを使っているので自動的に大きなバナーが表示されてしまう、という方もいるかと思います。そういった方には、「アフィリエイトで収入」を目的とするならサーバーを変えてください、というほかありません。

私も過去そのようなサーバーを使っていましたが、掲示板に「広告がうっとうしい」などと書きこまれた事もあります。かなりのマイナスイメージを与えてしまうことになりもったいないので、できれば広告の控えめな無料サーバーに移ったほうがいいでしょう。


最初に飛び込んでくるのが動画、も場合によっては印象が悪い

多くの企業サイトではトップにFlashによる動画を置いています。確かにかっこいいですし、このような演出をすると一流のデザインが施されたサイトという印象を与えることができるかもしれません。しかし、特に個人サイトの場合はこのような演出は不要でしょう。私はほとんどの場合はFlashの動画にはすぐさま「skip」ボタンを押して動画を見ることはありません。「skip」ボタンがない動画には悪印象が残ります。

また、個人のサイトにありがちなのが、細かいアニメ素材(クルクルまわる花やキャラクターのアイコンや、速い動きの小さなアニメ素材等)をちりばめるものですが、これはやめたほうがいいでしょう。まとまりがなくなったり、落着きがなくなったりと、せかせかした印象を与えてしまいます。できるなら見ていて疲れない程度の速度や動きの小さいアニメを取れた方が全体的にまとまったサイトになります。