今回は、何もしなくても(?)収入になる「2ティア」システムについてご紹介します。アフィリエイトで稼いで行く上で、この2ティアを知ることは重要です。


2ティアとは

聞きなれない言葉が出てきた、と思った方が多いのではないでしょうか。2ティアの「ティア」は、「TIER」と書き、「段階」等の意味を持ちます。段階的な報酬、というイメージです。ここには「紹介制度」が絡んできます。順を追って、この2ティアを解説していきたいと思います。

ASPにおける紹介制度。
まず、最初に、AさんがあるASPをBさんに紹介したとしましょう。そして、BさんがそのASPに登録したとします。この時点で、Aさんが紹介者(親)、BさんがAさんの紹介で入ったアフィリエイター(子)という関係が成り立ちます。

何もしなくても収入がもらえる!?
この関係が成り立つと、「子」の報酬の数パーセントは常に「親」にも支払われるようになります。数パーセントという料率はASPによって違います。例として2ティア報酬が5%であるASPがあったとしましょう。

例えば、Bさんが5000円の成功報酬を得たとします。するとその5%の250円がAさんに支払われます。Aさんは何も販売していないにも関わらずです。

この関係は、大抵のASPにおいてAさん、またはBさんがそのASPを退会するまで続きます。つまり、Aさんは何もしなくてもBさんが稼いでいる限り報酬を受け取れるというわけです。


「子」は何人いてもいいので、塵もつもれば・・・が期待できる。
「子」にあたるアフィリエイターは何人いてもかまいません。例えば、月5000円の成果報酬を得ている「子」が100人いたとしましょう。2ティア報酬を5%で計算すると、「250円×100人=25000円」になります。何もしなくても月に25000円得られるわけです。これはとても大きな収入です。

中には、広告主が2ティアの確率を決められるASPもあり、2ティア報酬30%なんていう例もあります。「2ティア」に注目してASPを探してみるのも面白いと思います。