結婚式のスタイルも多種多様になって、新郎新婦の個性が表現できる時代になりました。呼ばれる側として見ても、新鮮な会場の雰囲気、演出などによって、楽しみも増えていますね。

しかし、結婚式といえばこう!という概念が薄れてきた分、この場合はどうしたらいいのか、とマナーに関する戸惑いが生じていることも確か。その筆頭はご祝儀の包み方ではないでしょうか。こんなときはどうするの?という疑問を集めてみました。

会費制披露宴に呼ばれた場合

photo
披露宴だけど会費制……会費だけではお祝いの気持ちが伝わらないがどうしたら?
北海道では一般的ですが、それ以外の地域でも最近増えている会費制の結婚式。会費は、当日出されるお料理や飲物の実費相当として、ゲストが負担するものなので、会費制の案内には「ご祝儀は不要です」という意図も含まれています。

会費制のスタイルを選ぶ新郎新婦は、高いご祝儀を持参してもらうのは心苦しい、という気遣いを持った人が多いのです。ゲストは友人中心であることが多く、できるだけ気軽に参加してほしいと思っています。

しかし、ご祝儀制が一般的な地域の人は、ご祝儀って本当に持っていかなくていいのかな?と不安にもなりますよね。実は、よほどカジュアルなパーティでない限り、衣裳やお花など、披露宴と同様の準備をしていることも多く、新郎新婦の負担は披露宴より多い場合もあるのです。会費制が一般的な地域でないのに、そういったスタイルの披露宴に招待を受けたら、会費に加えてご祝儀を持参したいものです。

金額的には、友人なら1万円程度が相場。会費は集計がしやすいように現金で支払い、ご祝儀はそれとは別に、ご祝儀袋に包んで持参しましょう。