カジュアルな会場だからカジュアルな服装でもいいのか?

前ページで紹介した「ちょっとどうかな?」という服装のふたりは、いずれもレストランウエディングでのこと。

“結婚式およばれNG服
素敵なドレスで結婚式に華を添えて
レストランやゲストハウスでの結婚式はここ十数年でぐっと増えてきており、あまり珍しいことではなくなりました。ですが、ホテルでの結婚式よりは「カジュアル」ととらえる人は多いようです。

実際はものすごく格式の高いレストランもあり、レストランだからカジュアルということにはならないと思うのですが、一般的なイメージとしてレストランウエディング=カジュアルというイメージは強いようです。

ですが、レストランウエディングだから、カジュアルな服装でもいいのかというとそんなことはありません。レストランだろうがゲストハウスだろうが、両家のお父さんはだいたいモーニングを着用していますし、お母さんも黒留袖かロング丈のドレスに身を包んでいます。新郎新婦に姉妹がいれば、振袖や色留袖を着ていることも少なくありません。

つまり、招待する側は礼装で望んでいるわけですから、招待された側もそれなりの服装で応えなければやはり失礼に当たると考えたほうがいいでしょう。

もちろん、友人しか招待しない本当にカジュアルなウエディングであれば、少しくだけた服装で行っても問題はないと思います。確かに、会場の格は服装を決める大きな要因となりますが、レストランやゲストハウスだからといって短絡的に「カジュアルでもいいや」と考えてはだめ。どんなゲストが呼ばれ、どんな位置づけで行われる結婚式なのかをしっかり把握してから、着ていく服装を考えることをおすすめします。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。