腰紐は加減が大切

腰紐は、着物を着る上で大切な役割を果たしています。腰紐が緩いと着物の裾が落ちて着崩れの原因になりますし、締めすぎでも苦しいばかりです。  ですから、緩まないように手早くきっちり結べるまで練習し、自分なりの加減を見つけましょう。

また、ウエストに巻いた補正の上に腰紐をすることが、ある程度しっかり締めても苦しくならないコツです。


腰紐の結び方

補正の上にのっているかどうかを確認

補正の上にのっているかどうかを確認

1:腰紐は、右側を少長めにして、腰骨より2~3cm上に当てて横一文字に引いていくようにして後ろに回す。

 

なるべく体に近いところで締めるとやりやすい

なるべく体に近いところで締めるとやりやすい

2:腰紐を後ろで交差させ両脇で締める。

 

少し右側で結ぶ

少し右側で結ぶ

3:真ん中より右寄りで左の紐を上に重ねる。

真ん中で結ぶと、おはしょりを下ろした時に膨らみができて目立つ。

 

重ねたところを押さえると緩まない

重ねたところを押さえると緩まない

4:重ねたところをしっかり押さえながら、下側になった紐を上から胴に巻いた2本の紐にくぐらせる。

 

重ねたところを押さえたまま引く

重ねたところを押さえたまま引く

5:くぐらせたら左斜め下に引く。

 

しっかり下に引いて立てる

しっかり下に引いて立てる

6:引いたら、結び目を立てる。こうすると、手を離しても緩まない。

 

親指と人差し指を直角にしてその周りに紐を巻くようにする 

親指と人差し指を直角にしてその周りに紐を巻くようにする

7:上側の紐を、右手の親指と人差指に上から巻くようにして絡めて輪を作る。

 

輪の中から引き出す

輪の中から引き出す

8:7で作った輪の中から右手の親指と人差し指で下側の紐を持ち、引き出す。

 

全部引きぬいてしまわないように

全部引きぬいてしまわないように

9:輪から引き出すと同時に。左手で下側の紐を引き締める。

 

おはしょりの下から腰紐が見えないように絡めて挟む

おはしょりの下から腰紐が見えないように絡めて挟む

10:余った紐は、左右それぞれ胴に巻いた紐にはさむようにして絡めておく。

 
では、手順7~10の部分を、動画で詳しく解説していきます。

 

 
一口に腰紐と言っても、最近はゴム製ものやシャーリング状になったものなど、便利なものもたくさん出ています。
今回は一般的な紐での結び方をご紹介しましたが、色々試してみて一番使いやすいものを選んで使うのもひとつの方法です。

次ページでは「胸紐の結び方」を、紹介します。

胸紐は衿元を胸元を整えてから

胸紐は、衿元、胸元をきっちり押さえるためのものです。ですから、胸紐を結ぶ前に、衿幅がきちんと折れているか、半衿の出具合はいいかなど、衿元、胸元をキレイに整えておくことが肝心です。

胸紐の結び方

胸紐の位置で帯の位置が決まる

胸紐の位置で帯の位置が決まる

1:胸紐は、右側を少し長めにして胸下の位置に当てる。

 

なるべく脇に近いところで締める

なるべく脇に近いところで締める

2:背中で紐を交差し、脇でしっかり引き締める。

 

親指でシワを寄せながら締める

親指でシワを寄せながら締める

※補足1
胸紐を締める時に、どうしても背中のシワができやすいので、慣れてきたらシワを脇に寄せながら締めるとキレイ。

ただし、慣れないと紐が緩んで衿が崩れるおそれがあるので、初めは結んでしまってから、シワをとっても良い。

 

シワを取ったところ

シワを取ったところ

※補足2
脇にシワを寄せる。この時背縫いがきちんと真ん中にくるように注意する。

 

緩まないように重ねる

緩まないように重ねる

3:中央あたりで、左を上に重ねる。

 

一度目をしっかり引いてから二度目を

一度目をしっかり引いてから二度目を

4:下側の紐を上から胴に巻いた2本の紐にくぐらせ一度下に引いてからもう一度同じようにくぐらせ、斜め左下に引く。

腰紐と違って結ばないので緩みのないようにしっかり引いておく。

 

ここは強く引きすぎない

ここは強く引きすぎない

5:上側になっている紐を下におろす。

 

左右を交差させる

左右を交差させる

6:下側になっていた紐を右に引く。下ろした紐は左側へ。

 

結んだら衿元が崩れていないか確認

結んだら衿元が崩れていないか確認

7:緩んでこないように、脇のあたりでしっかり胴に巻いた紐に挟み込んでおく。

 

伊達締めでカバーできるとはいえ、衿元が崩れないようにするためには、胸紐をある程度締めることが必要です。しかし腰紐と同じく伸縮性のない紐の場合、あまりきつく締めすぎると苦しくなることがあります。なのでゴム製のもので衿を挟んで使う着物ベルトを必要に応じて使うのもオススメです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。