育児中だからこそ面白い、育児マンガ。

1990年代に「育児をテーマにしたマンガ」はブームになってから、本屋の「育児書」のコーナーでは、常に一定の位置をキープする存在となってきました。

今回は、その中で「幼稚園ママライフ」を描いた『ママはぽよぽよザウルスがお好き』と、保育園ママとして奮闘中の様子を描いた『毎日かあさん』を、とり上げます。

青沼貴子氏『ママはぽよぽよザウルスがお好き(通称『ママぽよ』)』は、1990年代の前半に育児雑誌で連載され、育児マンガブームの火付け役とも言われるもの。

一方、『毎日かあさん』は、2002年より毎日新聞紙上にて連載中。西原理恵子氏初の育児マンガとして、注目を集めています。

次ページでは、ガイドがこの2作を読みくらべ、「ここ10年の育児観の変化」について考えてみたいと思います。

--------------------------------------------------

 

『ママはぽよぽよザイルスがお好き(1)子どもは怪獣だ!』

『ママはぽよぽよザイルスがお好き(2)ふたたび』

『ママはぽよぽよザイルスがお好き(3)みたび』

『ママはぽよぽよザイルスがお好き(4)よたび』

青沼貴子 幻冬社 各1,260(税込)


--------------------------------------------------



『毎日かあさん(カニ母編)』

西原理恵子 毎日新聞社 880(税込)