For F連動記事:夫と妻の艶やかディナー

 各国の人たちからよくこんなことを言われます。“日本人って、どうしてそんなに食べるのが早いの?”昼食や家での食事のときによくそう思うとか。確かに東南アジアの国を例にみると、おしゃべりをしながらゆっくり食事を楽しんでいる姿をよく見かけます。料理の数はそれほど多くないのに、何でそんなに時間をかけられるのだろう?
その答えは食べ方にありました。アジアには肉や魚などを野菜といっしょにクルリと包んで食べる料理がたくさんあります。日本の鍋料理のように、ひと手間かけながらいただく料理は会話が盛り上がり、食事をともにしている人との距離も縮まったような気がするから、時間があっという間に経ってしまうというわけです。
 さらにこの食べ方に注目したいのは、“おいしさと体によいことが一度に得られること”。
肉や魚を食べるときには必ずたっぷりの野菜とスパイスやハーブを入れるので、栄養のバランスがよく、豊かな香りまでも得られるのです。
 料理の美味しさは食べる人やそのときの雰囲気により変わってくるもの。昼時は忙しくてそんな時間はないかもしれないけれど、夜だけでもゆっくり会話を楽しみながら食事を楽しみたいものですね。おいしさと食事の楽しさの両方を心得ている韓国の人たちが親しんでいる料理をご紹介します。

 


◆ 材 料(2人分) ◆
 
豚肩ロースかたまり肉 …… 350~400g
塩 …… 少々
 長ねぎ(青い部分) …… 1本
 にんにく(たたいておく) …… 3片
 しょうが(皮つきのまま薄切り) …… 4~5枚
ごま油 …… 適宜
白菜 …… 1/4株
キムチ …… 適宜
えごまの葉 …… 適宜
あみの塩辛(いかの塩辛を軽く洗い細かく刻んだものでも) …… 適宜
香菜または万能ねぎ、松の実 …… 各適宜
 

◆ 作り方 ◆

〔1〕豚肩ロース肉に塩をよくすり込み、丸く形を整えながらタコ糸できつくしばる。

〔2〕鍋に豚肉が浸る程度の水(分量外)をいれ、強火にかけ、沸騰したら弱火にして約15分間煮る。火を止め、フタをしてそのまま1時間以上置く。(竹串をさして透明な汁がでたらOK)

〔3〕白菜は軸をつけたまま軽く塩ゆでし、よく水気を絞り、食べやすいよう半分にカットする。

〔4〕〔2〕のゆで豚の水気をきり、まわりにごま油を薄くぬり、薄切りにする。皿にゆで豚、茹でた白菜、キムチ、えごまの葉を盛り、あみの塩辛、香菜、松の実をトッピングする。

● 食べ方 ●
茹でた白菜に豚肉、あみの塩辛、キムチ、香菜をのせ、包んでいただきます。味つけはキムチとあみの塩辛のみなので、お好みにより量を調節するようにしてください。

おいしさアップのワンポイント!
 
◆豚肉は加熱時間を短くし、余熱でじっくりと火を通すとジューシーに仕上がります。豚肩ロース肉のかわりに豚バラ肉を使ってもおいしくいただけます。
 
◆お求めやすいキムチを使う場合には、しょうがとニンニクのすりおろしたもの、ごま油を少し加えるとよいですよ。また、辛みと甘みが足りない場合には、粉唐辛子、みりんを少し加えてみてください。
 
◆白菜の水気はしっかりと切るようにしてください。水分が残っていると味が弱くなってしまいます。
 


【えごまの葉】
青じそと同じシソ科の植物ですが、ひとまわり大きくて肉厚。独特の香りがあり、スープやカムジャタンなどの鍋、キムチなどに使われます。

【あみの塩辛】
あみというアミ科の甲殻類を塩漬けにしたもの。キムチを作るときやスープに入れるほか、細かく刻んで調味料としても使われます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。