日本初のスープ春雨専門店の誕生!

トッピング
お店に入ると、まず、この豊富なトッピングに目を奪われます。
今年の1月下旬にオープンした、日本初のスープ春雨専門店です(「チーパオマーラータン」と読みます)。場所は渋谷のセルリアンタワー近く。レストラン風の佇まいではなく、ラーメン屋のようなカウンターだけの小さなお店です。見た目もラーメンによく似ていて、麺の代わりに春雨が使われている、と考えていただければよいでしょう。構成的には、たっぷりの野菜や魚介、肉等に春雨を合わせた熊本の郷土料理、「太平燕(タイピーエン)」が最も近いでしょうか。


トッピング
どれを選ぼうか迷いに迷います。
メニュー「麻辣湯」(650円)1種類のみです。ただ、店の一角に、季節の野菜を中心とした約30種類ものトッピングが置かれたスペースがあって、その中から3種類チョイスできる仕組み。


表
この表を参考に、辛さのレヴェルを選びましょう。
辛さも、全く辛くない白湯スープの「0番」、ピリ辛の「1番」、中辛の「2番」、大辛の「3番」、激辛の「4番」、極辛の「5番」の6段階から選択が可能(「4番」と「5番」のみプラス100円)。その日の気分で、自分好みの「麻辣湯」を作り上げられるところが最大の魅力といえるでしょう。


次ページは、「麻辣湯」の味の詳細について。