チョコの原料


チョコレートの原料のカカオの木は、学名をテオブロマ・カカオといいます。「テオブロマ」とは、ギリシャ語で「神さまの食べもの」という意味です。昔は貴重な食べものだったのです。またカカオはお金として使われていたこともあります。
カカオの木っておもしろいのですが、枝に実が成るのは普通ですけど、幹にも実がなってるんです。ちょっと見慣れないので、誰かのいたずらかと思ってしまいます。)

ヨーロッパでの歴史

ヨーロッパでカカオからチョコレートが作られたのが、16世紀。ナッツやバニラや砂糖を加えて、甘いチョコレートを作りました。それはスペイン貴族や僧侶などの特権階級の「飲み物」だったのです。

19世紀になってカカオからココアバターの一部を取り除く技術が発明され、そして成型する方法も発明され、「飲むチョコレート」から現在の「食べるチョコレート」の原形ができました。しかし食べるチョコレートはまだまだ苦かったのですが、1876年にミルクチョコレートが発明され、ずいぶんと美味しいものに変わっていきました。

でもまだ食感は悪くザラザラしたものでした。19世紀の末に、粒子を細かくするコンチェという機械が発明され、良質のチョコレートが作れるようになり、その後レファイナーという機械が発明され、現在の滑らかな舌触りの物になってきたのです。

日本での歴史

日本には、江戸時代に長崎に輸入されたのが最初と言われています。明治10年にはわが国で初めて「貯古齢糖」が加工・販売されました。当時は、「猪口齢糖」「貯古齢糖」「知古辣他」などと呼ばれていたようです。やはりその頃チョコレートは極めて高価で、一部特権階級や外国人相手のものだったようです。

1899年(明治32年)森永商店がクリームチョコレートの製造し工業化が始まりました。1926年(大正15年)には、明治製菓がチョコレートの一貫生産を始め量産体制を確立しました。明治ミルクチョコレートの製法は今にも受け継がれています。

おすすめサイト

■チョコレート・ココア大辞典
日本チョコレート・ココア協会のサイトです。チョコレートに関して非常に分かりやすく詳しい解説があります。


 2ページ目:バレンタインデーについて