「恋に執着」型
終わった恋にいつまでも未練を引きずるのが「恋に執着」型

「恋は盲目」型か、「恋に執着」型かでわかる相性

■「盲目型」×「盲目型」カップルの場合
「恋は盲目」型の人に多く見られるのが、相手の人そのものにハマるというより、恋愛をしている自分にハマってしまうという傾向です。つまり、相手のことを思いやったり、相手のことをしっかりと見て理解することに欠け、恋に恋して舞い上がってしまう、ということ。

ですから、そんな「盲目型」×「盲目型」のカップルは、最初は非常にラブラブなんです。「好き」と「愛してる」の違いさえわからないまま、平気で「愛してる」などと言ってしまったり。それが悪いわけではありませんが、急激に燃え上がる熱は急速に冷めやすくもあります。

このカップルの相性を良くする秘訣は、相手のことをしっかり見る、ということです。それができないからこそ「恋は盲目」型なのですが、ちょっと気にとめておくだけでも違います。たとえば、いつも2人きりでイチャイチャするだけでなく、互いの友人を含めて遊びに出掛けるなど。一対一でいる時の相手だけでなく、集団の中にいる相手を見ることで、また違った側面を理解することができます。

■「盲目型」×「執着型」カップルの場合
対極のタイプ同士は相性が悪いのではないかと思われがちですが、一概にそうとは言えません。意外にも、「恋に盲目」型のパワーと、「恋に執着」型の冷静さが、うまくバランスをとって好相性になることがあります。

このカップルの場合、「盲目型」の人が、「執着型」の相手の態度に物足りなさを感じる可能性も高いでしょう。しかし、逃げられるほどに追いたくなる、つれない人ほど振り向かせたくなるという心理がうまく働けば、「恋に盲目」型の人のパワーにうまくブレーキをかけつつ、「恋に執着」型の相手がリードすることができるはずです。

また、「盲目型」のストレートな感情表現や勢いに「執着型」が感化されることも多いようです。お互いに牽制、あるいは刺激し合うことで、息の長いカップルになる可能性が高いと言えるでしょう。

■「執着型」×「執着型」カップルの場合
この組み合わせのカップルの場合が、一番相性が悪いと言えます。恋が始まりそうなシチュエーションでも、お互いに理性を保ち何事も起こらない、というケースが多いようです。付き合いが始まってからもお互いの思いが加速しにくく、燃え上がることなく終わる、などということも。

関係が深まってからも、本心をさらけ出したり意見をぶつけ合ったりすることを避けるため、すれ違いや誤解を生みやすいカップルです。平和主義であるため、喧嘩やいがみ合いを恐れるあまり、冷戦に持ち込まれることも多いでしょう。

恋が終わってから別れた相手に執着するくらいなら、付き合っている最中にもっと、素直になるよう努力してください。恋愛においては、程度の問題はありますが時にわがままを言ったり、時にカッコ悪い姿を晒したりすることも必要なのですから。

【関連リンク】
相性診断


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。