今や世間はバレンタイン・シーズン。デパートでもコンビニでも街中いたるところで、キレイなおべべを着たチョコレートが「アタシを買っておくれ~」と媚びを売っています。
バレンタインには逆チョコ?花束?」という記事にも書かれているように、今は「ホワイトデーまで待てない男の子のために」ということで、男の子から女の子にあげる「逆チョコ」も流行ってるみたいです。
でも、ゲイにとってはバレンタインってどうなんでしょう…ちょっと微妙じゃないですか?
今回はそこにズバッとフォーカスしちゃいます。
ゲイ向けにバレンタイン商戦を展開したいと考える企業の方にとっても、たいへん有益な記事です(言うよね~)

ゲイの間ではイマイチ不人気なバレンタイン


チョコは苦い味
ゲイにとってチョコレートは苦いものだったりします
女の子が男の子に「愛」を告白したり「義理」を立てるイベントであるバレンタイン・デー。街のチョコレート売り場には女性たちが殺到していて、とても男性が入って行けそうなスキがありません。僕らが好きな人にチョコをプレゼントしようと思っても、女性だらけの場所で(ただでさえ、いい商品をワレ先に買おうと殺気だっていますから)チョコを買うのは、けっこう勇気が要ることです。

今は「逆チョコ」ブームで男性も買いやすくなったとはいえ、それでも僕らは、バレンタインにイマイチ興味が持てなかったり、スルーしがちじゃないでしょうか。軽く「トラウマ」すら抱えてる人も多いんじゃないかと思います。
 
たとえば、中学や高校で、バレンタインに女子からチョコをもらって、確かにうれしかったけど、「自分はゲイだし…思いには答えられないけど、嫌いっていう断り方もかわいそうだし…どうしよう…カミングアウトするしかないのかな…」なんて悩んだ経験がある方も多いハズ。(僕もそうです)

また、カイシャに入社したら、義理チョコが回って来て、ひとつもうれしくないうえに、上司に「ホワイトデーのお返しはお前が買いに行け」と命令され、休日返上で女性向けのプレゼントを買いに行かされるという、苦い思いをした人も多いようです。(僕もそうですし、友達も「そうそう」と言ってました)

今までのバレンタインは、異性愛の関係しか想定されていないうえに、異性愛関係に基づく「義理チョコ・システム」を半ば強制されるため、ゲイにとっては激しく微妙(ていうかわりと迷惑)なのです。おかげでイヤな思いをしたり、いっそ無くなればいいのに!とバレンタインを呪ったりすることにもなりがちです(ちょっと大げさ)。ふだんは美味しいチョコレートもこの季節には苦い味しか感じないなんて…本当に悲しいことです。