周囲にもいる! イマドキのマグロ男たち

画像の代替テキスト
恋愛の初期から、長年の付き合いにいたるまで恋を頑張れない男が増えている。というか、そんな男がもはや、ほとんど?
最近、恋愛に省エネな男が増えてない? 私の周囲には、わんさかいる。8カ月も付き合ったのに、別れる時はメール一本で済ませようとした男、気になる女性がいても決して自分からは動かない男、落とすまではマメだけど、落としたとたんに急速に冷めていく男、恋人とケンカできない男……etc  とにかく、恋愛のありとあらゆる局面でエネルギーを費やさない。美味しいことは味わいたいけどメンドくさいことからはすぐに逃げ出だそうとする男たち。恋もセックスも反応がめちゃめちゃ薄味な男を、周囲の30女子は、密かにマグロ男と呼んでいる。

「最近、デートしてる男がまたマグロなの。会話もキスも薄味なんだよね」
「うちの彼は家の中でしかデートしてくれない。マグロくんでしょ?」
「8年も付き合ってたのに、結婚のあいさつに行くのがメンドーだって言い出したのよ。あのマグロ!」……なんて感じで日常的に用いられている。日々、話を聞いていると、今どきの男って総マグロ化してるのか?と思えるほどだ。

そういう男って低エネルギーなだけじゃなく、相手の気持ちが思いやれない身勝手さも持ち合わせているのだろう。反応の薄さは、自分本位で人を愛せないってことの現れでもある。

「現代の20代から30代の若い男は、基本的に低エネルギーなのよ。もともと持ってないものを出せと言っても出てこない」と一条ゆかり先生はいう。時代のせいなのか、エネルギーの絶対量が少ない。だから、仕事も恋も人間関係も、真剣に考えないし、頑張らないし、無理に背伸びしたりもしないのだと。

たしかに、40代以降の男性にマグロは少ない。特に仕事もエネルギッシュな50代なんて、男としてもまだまだ異様なエネルギーを発しているし……。「英雄色を好む」ってことわざもあるところにはあるんだなと感じ入る。先日の記事でも恋人にするなら30男より熟年男性がいいという、驚きの結果が出るわけだ。

とはいえ、マグロ男にも種類がある。美味しく愛せるマグロ男もいれば、煮ても焼いても愛せないマグロ男もいるらしい。その違いって、ドコにあるの?