「好きだよ」

この状態でも敢えての寸止めが素敵
>潤、好きだよ。
>ほんと?ヒロシあたしもぉ!

なんて、妄想はオヤジだけにしときましょう。
てのも、この言葉はナイーブ男子的には大事な一言じゃないですか。カノジョへの気持ちが盛り上がってマックスになって、プーケットのサンセットがピンク色に変わるぐらい胸が締め付けられるようになって初めて、口から絞り出すセリフのはず。それゆえおいそれと扱ってしまっては、もったいないってモノです。

ましてや、会ってすぐゴハン食べてていきなり女子に好きだよなんて浴びせかけたって、ホント?嬉しい、なんて笑顔の裏側で、アンタわたしの何がわかってんの?なんて毒づかれてっかも。あ、また被害妄想モード気味になりましたが、なんにせよこの言葉は大事な武器。そんな事云わなくても口説けるのが健全な結婚前提男子のハズですから、言葉より態度と段取りでココロを伝えましょう。なんて、オヤジはすぐイッちゃう、いや言っちゃいますが。

【どうしも好きって言いたかったらコチラを】
→好きだと云ってはだめなコ、大丈夫なコ

【何言っても大丈夫ならコチラへ】
→プロポーズWEBマガジンQCON!

【追加オンタイム情報はコチラで】
→最新のプロポーズ情報は、ガイドメルマガでもお届け中
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。