ほどよいレスが決めて

メールで両想いを感じたその瞬間はわりとハッピー
さあ、相手の名前を入れ込み、絵文字も封印して、お姉言葉を散りばめながら打つ美人メール。もはや、相手のココロをひっかくコトは間違いありません。そこで、とどめはそのタイミングです。

普段、男性からすると、なにかオファーしたメールに対して、コッチの気合いが入っていればいるほど、相手のレスの速さが気になります。せっかく色々段取ってオファーしてるのにちっとも返信ないと、「放置か? なんだよ」って普通なります。もしそれが、わざとだったりしたら、全く意味のないことでしょう。よくガッついてるのを知られたくないからちょっと寝かせるとか聞きますが、ぜんぜんガッついてイイと思います。むしろ、即答して

>ほんと? たまたまヒロシのこと今考えてたの

なんてメールでも来ようもんなら、イチコロです。ガッついた返信にも言い訳効いてますし、むしろメッセージが入ってる感じで。あーこんなメールもらいてー、こんなの来ねーし、ってコレ読んでるナイーブ男子は思ってるに違いありません。

さあ、女子のみなさん、オファーも返信もガッつきましょう。そして、跳ねた感情を入れ込みながらスピーディにやりとりしましょう。その時の相手の高揚感が貴女に伝わればゲットです。お持ち帰り下さい、マハロ。

【いよいよオープン!QCON】
→男の恋愛と結婚の間を応援します!

【甘えはこんな感じで】
→男を喜ばせる甘え・別れたくなる甘え

【追加オンタイム情報はコチラで】
→最新のプロポーズ情報は、ガイドメルマガでもお届け中
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。