保険に加入する際、手続きをして、いつから保障がスタートするのかも重要なポイントです。保障がスタートするのは、保険証券に記載してある契約日と同じではなく、一定の要件をみたした日からということになるので、以下、一般の保険契約とがん保険の違い、がん保険の約款の違いや注意点にフォーカスしてみましょう。

一般的に保障がスタートする条件は?

まず、一般的には、保険会社が承諾し、次の3つが揃った日が責任開始日、つまり保険会社の保障の責任が開始する日と言われています。(図1参照)

1. 申込み
2. 健康状態の告知(診査)
3. 第1回保険料の払込み

[図1]一般の生命保険の保障開始イメージ

[図1]一般の生命保険の保障開始イメージ


なお、保険料の払込日については、一部、通信販売の保険で、クレジットカードを利用できるものがありますが、それは、クレジットカードの有効性が確認できた日で判断されるようです。

よって、一般的に保険は、保障を早くスタートさせるためには、保険料を早く納付し、告知ではなく医師の診査を受ける場合も、早め早めに動くことが大事といえます。

がん保障は、更に90日の待ち期間があるのはなぜ?


ただし、がん保険などのがん保障については、更に要件があります。上記の3項目が揃った日を保険期間の始期とし、その日から90日(あるいは3ヵ月)経過してから、がんの保障がスタートするのが通常です。ですから、がん保険は「90日の待ち期間」があるとよく言われます。

なぜそうした要件が更につくかという理由は、がんは自覚症状がない状況も多く、健康状態の告知をした時点のみの審査では、公平性から十分とはいえないこと、そして、90日のいわゆる様子見期間を設けて、その間に特に何もなかった人を対象とすることで、全体の公平性を維持しようとしているのだろうと思います。
がんの保障スタート時期を、イメージしたのが図2です。
[図2]がん保険のがん保障開始のイメージ

[図2]がん保険のがん保障開始のイメージ

注意したいのは、責任開始前の90日の間にがんとわかると、契約は無効とされる点です。その場合、実際に責任開始日を過ぎてから、がんで入院などをしたとしても、保障の対象とはならなくなってしまうのです。告知時点で、うそや隠し事などもなく、告知義務違反でなければ、契約は白紙に戻り、既に払っていた保険料は戻ってきます。

なお、最近は、「がん診断給付金」以外の給付項目で、この「待ち期間」を外した商品もありますが、やはり、「がん診断給付金」は金額も大きいため、この「待ち期間」をなくすことは、商品設計上も、金融庁の認可の上でも、なかなか厳しかったそうです。

次ページでは、実際に保障の対象となるか問題となったケースをご紹介しましょう。