ダメトーク4:自分磨き話

ドヤ顔の女性
「こんなイイ女のアタシどう?」とアピールしないでください。イイ女感とは、あくまでかもし出すもの!
女性が大好きな「自分磨き」。自分を磨くこと自体は良いことですが、過剰なアピールは男性を引かせてしまいます。

●ダメトーク例
♀「私、毎朝必ず3キロはジョギングしてから会社に行くの。定時には上がって、月曜は英会話教室、火曜はネイルサロン、水曜は料理教室、木曜はエステに通ってるのよ」
♂「へぇ、すごいね」
♀「週末は感性も磨かなきゃって思って、美術館に行ったり、映画鑑賞したり、ショッピングに出かけたりするの。ジムにも週4、5日は通ってるし忙しいのよ。家事をする暇がないから、全部親任せ(笑)。私、自分磨きを応援してくれるような旦那さんと結婚したいな!」
♂「……」

【女性の自分磨き話】=【男性の自慢話】です。

少しだけ聞くなら興味深いものもありますが、延々と聞かされて楽しいものではありません。自分磨きを過剰アピールする人は、「こんな私ステキでしょ?」と自分に目が向いていますが、そもそもモテる女性の目は外に向いているものです。

すぐ直せるものじゃないけれど……


彼氏ができない、できてもすぐ相手をイライラさせてケンカしてしまう……。もちろん相手にも悪いところがあるかもしれませんが、あなたがダメトークをしている可能性もあります。

たしかに自分が好む話題や、話し方は簡単に変えられるものではありません。でもそのせいで失恋を繰り返しているとすればもったいない! 一度自分のトークを見直しみて、男性が気持ちよく会話できるトークを心がけましょう。


【関連記事】
年下ドン引き! アラサー女子の合コンNG集
注意! 親しき彼の前で女を捨てている瞬間

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。