方位のパワーで恋愛運アップは確実?!

pic
嘘か真実か?徳川家康も方位のパワーで天下を取ったと言われています!
近頃、女性向けの雑誌でも取り上げられることの多い方位取り。あなたも、一度くらいは耳にしたことがあるかもしれません。

運命学の有名な格言に「吉凶は動から生じる」というフレーズがありますが、方位取りとは、日本で発達した『気学』という運命学の技法で、簡単に言えば、吉方に赴いて、方位のパワーで開運するテクニックのことです。

今でも、日本では、沢山の政財界人やセレブのみなさんも取り入れているこの開運テクニック。ガイドの友人やクライアントの多くも、方位パワーで、万年男日照りに慈愛の雨を降らせる事に成功しています。

方位取りは風水とは異なり、専門知識や複雑な計算もいらないので、誰でも気軽に実践出来ます。しかも、大きなラブパワーアップ効果が期待出来るので、恋多き旅好きなあなたには是非知っておいて頂きたい知識です。

それでは、早速あなたの吉方を割り出して、恋の旅支度に取りかかることにしましょう!

生年月日から割り出すあなたの吉方位

方位のパワーをもらうには、あなたにマッチした吉方位(運気アップに結びつくエネルギーが充満する方位)を知る必要があります。

あなたが生まれながらにして持つ方位感応性(各方位エネルギーとの相性みたいなもの)は、気学では「本命星」(ほんめいせい)と呼ばれ、生年月日から簡単に算出することが出来ます。それでは、以下の計算に従って、あなたの本命星を出してみましょう。

1980年1月25日生まれの人の場合:

1、生年を全て合計して一桁の数字にします(1+9+7+9=26 2+6=8)、
2、その数字を11から引きます。この人の場合は、11-8=3と計算します。(もし、答えが二桁になった場合は、一桁の数字にします。例:11-1=10 この場合は1+0=1)
3、この人の本命星は「3」となります。

さて、ここで一つご注意。気学は、旧暦を使用するので、2月3日生まれまでは、前年生まれとして計算します。従って、例題の人は1979年生まれとみなして計算しました。

因みに、この本命星の正式名称を念のために掲げておきます。1=一白水星、2=二黒土星、3=三碧木星、4=四緑木星、5=五黄土星、6=六白金星、7=七赤金星、8=八白土星、9=九紫火星となります。

あなたの本命星が計算出来たら、次のページの表からラブパワーアップの吉方を見つけましょう!

次のページでは、あなたのラブパワーアップ吉方位がわかります。