【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

結婚式の衣装合わせはいつから?式場が決まったらすぐスタート!

結婚式の衣装合わせ

憧れのウエディングドレス! 試着や予約は、結婚式場が決まったらすぐスタート!

結婚が決まったら親に挨拶して、結婚式を挙げる会場を決めて……このあたりの流れはなんとなく分かるけれど、その後は一体どうしたらいいのやら? 何をしたらいいのか疑問を持つ花嫁は多いでしょう。その中でも憧れのウエディングドレス選びには時間をかけたいもの。和装にしようか洋装にしようか、どのブランドにしようかなど、ゆっくり迷ってじっくり選びたいものです。

段取りとしては、会場がめでたく決定したら、次がウエディングドレス探しです。 挙式日はまだまだ先のこと、なんてのんびりしていてはいけません。今回はスムーズに結婚式の準備を行うためのウエディングドレス選び・衣装合わせのスケジュールをお伝えしますね。
   

挙式6ヶ月~4ヶ月前:結婚式場を決めたら、初めての衣装合わせへ

ウェディングドレス

ドレス選びの成功の秘訣は、まずは最初にいろいろ試着をしてみることです。プロのおすすめも着てみましょう 写真提供:TAGAYA

結婚が決まったら、おそらく一度は手にする結婚情報誌。重い雑誌もなんのその、幸せオーラ全快の花嫁には軽いものです。とりあえず会場を決めねば、ということで会場見学やブライダルフェア巡りを敢行するのが挙式から約1年前から半年前。現在ではカップルのおおよそが結婚式の半年前には会場を決定しています。

会場を決定するとついつい安心してしまいがちですが、この後が、ドレスや和装など衣装試着に行くタイミング。挙式の半年前から4ヶ月前ぐらいまでには、第一回目の衣装試着を行いたいものです。楽しみなドレス・和装選びも最初は不安だらけ。試着に行く前には「ウエディングドレス、試着前に準備することは?」を読み、不安を解消して、カメラを持って、お姫様気分を味わいに行ってきて下さいね!

挙式まで3ヶ月をきった人は、何はともあれ早くドレス選びに行きましょう。逆に結婚式1年前など、早く会場決定をした花嫁も早くドレス選びをするに越したことはありません。もちろん、半年前を待たずして試着・フィッテングに行くこともできますよ。
 

気をつけたい!結婚式の衣装の持込料・保管料

ウェディングドレス

たくさんのドレスを見るとテンションも上がりがち。結婚式の時期や、会場の雰囲気などからも、ドレス選びは冷静に! 写真提供:TAGAYA

各会場ではドレスショップを提携しているところがほとんどなので、会場決定後にショップを紹介してもらえます。レストランやパブリックスペースでは提携ショップがない場合もあるので、自分でショップを探すことになります。

ここで気をつけたいのが「持込料」「保管料」について。結婚式の準備を始めるとよく耳にする持込料や保管料。その会場の提携ショップ以外の衣装を着ると、持込料や保管料と言ってお金が必要になることがあります。提携店で好みのドレスや和装が見つかればいいのですが、もし気に入る衣装がなかった、衣装代が予定外に高い、など満足が得られなければ、持込料を支払って他のお店で衣装を借ります。中には持込不可というところもあるので、会場決定をする前に提携店チェックと衣装の持込がOKかどうかを必ず確認しておきましょう。

逆に、ドレスショップが会場を紹介してくれるケースもあります。どうしても着たい憧れのブランドやショップがあれば、先にドレスショップへ行き、会場を紹介してもらってもいいでしょう。

ショップの提携会場などを紹介してもらうと持込み料・保管料の心配がいりません。
 

挙式3ヶ月~2ヶ月前:結婚式の衣装を決定しよう

ウェディングドレス

結婚式の2ヵ月前までには衣装を決定したい時期です。最終的には花嫁自身の決断で! 写真提供:TAGAYA

挙式3ヶ月~2ヶ月前には、迷っていた衣装も1着に絞り込みましょう

決定する際によくある悩み事が、2着の衣装で迷ってしまうこと。「どうしても決められない!」という心境でも、挙式日は刻一刻と近づいてきます。ここで決定しましょう。

この時期に決定をする理由は、サイズ直しやドレス決定後の小物合わせ、前撮り(挙式前に二人の写真撮影を済ませておくこと)などをスムーズに行うためでもあります。

それに忘れちゃならない、あなたの大切なパートナーの衣装も決める必要があります。特にタキシードはドレスの雰囲気に合わせて選ぶことが多いので、早くドレスを決定すると余裕をもって彼の衣装を選べます。

もう1つの理由としては、この時期に会場での打合せがスタートするので、結婚式準備がいよいよ忙しくなるからです。ドレス準備はラストスパートをかけ、結婚式準備に照準を絞っていくためにも、この時期に衣装決定すると後々スムーズですよ。
 

挙式2ヶ月~1ヶ月前:小物決定・サイズチェック

ウェディングドレス

ドレスの小物選びと、サイズチェックはとても重要! 担当コーディネーターのアドバイスに耳を傾けつつ、イメージに合うスタイリングを! 写真提供:TAGAYA

ドレスを決めたら、それに合わせる小物を決定します。和装の場合はある程度コーディネートが決まっている場合もありますが、小物類の色や洋髪の髪飾りなどアレンジもできます。

小物を選ぶと同時に、サイズチェックも行うショップがほとんどです。立ったり座ったり、歩いてみたり、いろんな動作をしてみましょう。肩のストラップが落ちやすいなど、少しでも気になることはスタッフに確認します。サイズ直しをした後、挙式2~1週間ほど前に最終フィッテングをするショップもあります。特に妊娠中の花嫁は、挙式直前にサイズ直し後のドレスを着てみるとよいでしょう。

ショップや会場によっては、ヘアメイクリハーサルも小物合わせと一緒に行います。和装では花嫁かつらの試着「かつら合わせ」をします。決定したドレス&小物にヘアメイクが揃えば、当日の準備はほぼ完了です。和装のかつら合わせは、頭痛などを当日引き起こさないためにも、特に念入りにチェック(かつら合わせの注意点)しましょうね。
 

最終来店時:ドレスの引渡し方法と当日の持ち物を確認

ウェディングドレス

マタニティ花嫁なら、挙式3日前ごろにサイズ直し後のドレスを試着すると安心です 写真提供:TAGAYA

・ドレスの引き渡し方法の確認
最後に、ドレスの引渡し方法と、当日の持ち物を確認しておきましょう。会場の提携店では会場搬入が一般的ですが、持込の場合や海外・リゾート挙式は特に確認必須です。合わせて返却方法や返却日についても再確認しましょう。

・コーディネーターへのお礼のタイミング
衣装を担当してくれたコーディネーターは挙式当日、会場に赴くことはほとんどありません。小物合わせ・サイズチェックが終われば、ショップに行くこともなくなるので、担当者にお礼を伝えるならこの時がスムーズです。
 

準備が立て込んでくる、挙式3ヶ月前には衣装選びを終わらせるのがベスト

ウェディングドレス

衣装選びは早く進めるて、披露宴の準備&新生活の準備に時間を費やして! 写真提供:TAGAYA


結婚式の準備の中で比較的早くスタートし、その分早めに終了するのが衣装選びです。会場が決まり次第、できるだけ早くスタートしましょう。 なぜなら衣装を迷える期間や、選べる数が広がるから。そして早めに1着に決定できると、その後に控える結婚式準備にじっくり時間を費やすことができますよ。挙式3ヶ月前ぐらいになると、結婚式の準備だけでなく、引越しや新婚旅行などいろんな準備が押し寄せてきます。これらすべてのプロセスを楽しむためにも、今回の衣装選びのスケジュールを参考に準備をすすめてくださいね。

【関連記事】
【写真提供】
TAGAYA
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。