二百十日ってなに?

これが稲の花。二百十日は、無事に実りの秋を迎えるための戒めとして、暦に記載されました。
「二百十日(にひゃくとおか)」は雑節のひとつ。立春(2月4日ごろ)から数えて210日目という意で、毎年9月1日ごろにあたります。

このころは稲が開花するとても重要な時期ですが、農作物に甚大な影響を与える台風が襲来することが多く、過去の経験からこの日を厄日として戒めました。それは農家だけでなく、漁師にとっても生死に関わる問題です。

また「二百二十日(にひゃくはつか)」も同様の雑節で、旧暦8月1日の「八朔(はっさく)」、「二百十日」、「二百二十日」を農家の三大厄日としています。

現在のように台風の予測ができなかった時代、人々はこの日を恐れて警戒し、風を鎮める祭りを行って収穫の無事を祈るようになりました。