左足に重心を移してさりげなくしびれ対策。この右足、自由に動かせるほど負担がかかっていないのです。時折、交互にやってしびれ防止!

ほかのギャラリーを見る