皆で、ウイスキーの数字を底上げしようぜ

山崎18年
¥20,000と高いが、わたしの大好きなシングルモルトのひとつ、山崎18年
日本で飲まれているシングルモルトウイスキーの昨年度、2009年の販売数量がわかったのでお知らせする。
これまで「真実のシングルモルト・ランキング」(2006年度)、「最新のシングルモルト・ランキング10」(2008年度)をお伝えしてきたが、シングルモルトの数字は落ち着いてきた。そしてよく飲まれているブランドも固まった。
2009年でお伝えするのは1万ケース以上のものだけとした。1万以上の数字であるならば、スタンダードなバーならば大体は置いてあるだろうとの勝手な判断である。つまり人気のシングルモルト・ウイスキーだけに絞ってしまった、という訳だ。

しつこいようだが、数量だけでウイスキーの善し悪しを語れるものではない。販売数量は少なくても名品はたくさんある。だが、やはり売れなければウイスキー事業は成り立たない。
ウイスキーファンはこの数字を見ていろいろな感慨を覚えるだろう。真にウイスキーを愛するならば、1万ケース以上のブランドがたくさん増えるように、皆が飲み、いろんな人にいろんなブランドをすすめることだ。
得意気にマニアぶらないで、ウイスキーはおいしくて、良いものだと、若い人や入門者に広めていただきたい。

  ブランド 2009年度 (2008年度比較)
1. 山崎 180,000 (+35,000)
2. 余市&宮城峡 45,000 (-2,000)
3. ザ・マッカラン 38,000 (-2,000)
4. ザ・グレンリベット 18,000 (±0)
5. グレンフィディック 15,000 (±0)
6. 白州 14,000 (+2,000)
7. ボウモア 12,000 (+1,000)
8. ラフロイグ 11,000 (+1,000)
*メーカー広報および正規輸入代理店・販売元発表数量*数字はC/S(1ケース=700mlおよび750ml×12本)

数字が落ち着いてきた中で、山崎だけは別格だ。日本では18万ケース、海外では2万5千ケース。今年度2010年は海外で3万ケースが見込まれている。
その他では白州が地道に数字を伸ばしている。2006年度は7,000ケースだったのだから、3年間で2倍の伸びだ。

さて1万以下のブランドで上位にあるのはトマーティン、タリスカー、グレンモーレンジ、ハイランドパーク、アードベッグなど。この中ではタリスカーが数字を上げつつある。
蛇足だが、角瓶の今年の300万ケースで出荷調整ってのはやはり凄い。

関連記事

主要ウイスキー・ランンキング/2011
シングルモルト・ランキング/最新2011
最新のシングルモルト・ランキング10
真実のシングルモルト・ランキング
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。