こだわりたい人は読め

では、その他いろいろ。
ウイスキーの飲み方
 

●ストレート/語る必要もないだろう。で、ストレートの傍らに必要なチェイサー(口中をリフレッシュさせる、あと追い水のこと)について述べる。
わたしは常温のミネラルウォーター。もちろん氷なんぞは入れない。一般的には濃厚な香味のウイスキーにはよく冷えたミネラルウォーター、少し甘みのあるウイスキーの場合、牛乳や温かい麦茶なんかもチェイサーとしていける。
ビールをチェイサーにするという強者もいるが、ウイスキーのストレートにビールのチェイサーでボイラーメーカーと呼ばれるカクテルになる。

●オン・ザ・ロック/岩の上、という名の通り。これも語るほどのこともない一般的な飲み方。冷たさにこだわるならば、グラスを冷やす。冷えていなければ、グラスに水と氷を入れ、ステア(かき回す)してグラスを冷やす。それを捨ててから、あらためてロックをつくるくらいの手間が必要。ちなみにわたしは面倒だからそこまではやらない。バーテンダーがやってくれたほうがはるかに旨いし、自宅でそんなことをしてもまず氷からしてちがうもんね。
アメリカではオーバー・ザ・ロック、オーバー・アイスといった言い方もする。

●水割/これはね、とにかくよくステアすること。何回転でもいいからたくさんかき回す。まずグラスに氷をたっぷり(とにかく、たくさんだよ)入れ、ウイスキーを注ぐ。ミネラルウォーターを入れる前によーくステア、何回もステアする。で、氷が溶けて沈むから、その分また氷を足す。で、やっとミネラルウォーターをウイスキーの2~2.5倍ほど入れて出来上がり。そこでのステアは軽く2~3回でいい。
なぜミネラルウォーターを注ぐ前に、よくかき混ぜるのか。ウイスキーに水が混ざると希釈熱が生じる。温度が3度くらい上がっちゃうんだ。で、ウイスキーと氷をしっかりステアして、しっかり冷やしておく。まろやかで甘みのある冷えた水割を飲みたかったらステアを惜しんでは駄目。このわたしでさえ念じながらかき回すほどだ。こうしてつくった水割は、実に旨い。食事にもよく合う。

あと、ハイボールやホットウイスキーとかあるが、今回はこのくらいで勘弁していただきたい。また入門編やりますから。
ひとつハイボールなんだけど、海外ではウイスキーのソーダ割りを、ハイボールってあんまり言わないんだな。スコッチソーダとか、ラフロイグソーダって言い方をする。ジンジャエールやコーラで割ったりすることもあるから、ウイスキー&ソーダはきちんと区別しているようだ。
あとねウイスキーミストにソーダを少し足しても旨い。試してご覧よ。

関連記事

ライムやレモン、どうする?
バーで飲む、食前、食後酒
バーの酒と氷/なぜストローは2本か
バーボンの飲み方/ミントジュレップ篇
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。