缶詰の世界も深い

ウイスキーも缶詰を出すという、立ち呑みの缶詰バーがあると聞いて新橋へ出かけた。JR新橋駅を出てSL広場の横、一度は入ったことがあるという人が多いニュー新橋ビルの地下に店はある。


上/小さな立ち呑み店 下/ラーメン缶
上/小さな立ち呑み店。下/これがラーメン缶
『缶詰Bar』は小さな酒場が並ぶ一角にあった。予想通りのサイズの店で、まあ8人入るのが精一杯といったところか。
ウイスキーのことなんか忘れて、棚にずらりと置かれた缶詰にただただ驚く。いやー、いろんなのがある。
ラーメン缶(¥500)は冷やし麺、醤油、味噌とある。これは飲んだ後の仕上げ、ではなくてお土産で買って行く人が多いらしい。フカヒレ缶は¥5000なりで、一度もオーダーがないという。あじ干物(¥450)、野菜炒め、たたきごぼうれんこん(いずれも¥300)なんて缶詰もある。

最も驚くのはかつお、さんま、さばといった定番ものにカレー味や味噌味はもちろん、オリーブオイル、キムチ味、トマトソース味など、風味のバリエーションが凄まじいということだ。缶詰に無知な私はただひたすら目移りしながら唸るしかない。

淡麗辛口の白角は何でも合う

淡麗辛口の白角缶
淡麗辛口の白角缶
やっと落ち着いて、ウイスキーはなんですか、と聞くと「1種類だけです」と市川店長。すっと白角水割缶(¥400)が、氷をガバッと入れた大きな湯呑みとともに登場した。どうぞ後はご勝手に、というスタイルがいい。自分でプルトップを引いて、注ぎながら、つまみは何にしようと思案した。


角瓶の食中酒版として開発されたのが白角。白州のホッグスヘッド樽原酒がキーモルトとなった淡麗でやや辛口に仕上げられている。この白角の天然水割の缶を置くなんて、なかなか目の付けどころがいい。
それにしても品数が多い。缶詰ってのはくせ者だな。高級品でなくても、そこそこのいい味付けがなされてるものがたくさん揃うと悩むね。
何缶を開けたかは、次の頁で。(次頁へつづく)